WEB VISION OKAYAMA

連載記事

家庭内のマナーと外出先でのマナー

 奥様に、お相手を先に紹介するのはマナー違反です。貴方様がお相手に社内の部下を紹介する時には、まずは、貴方様の会社の人をお相手に紹介なさっていると思います。なぜならば、名刺交換をする際のビジネスマナーの心得として、「目下の者から目上の者に名乗るべき」とあります。

 ですので、貴方様の会社が幾分もお相手の会社より業績が良くとも、お客様に対して、貴方様が貴方様の会社の部下を引き合わせてさしあげる場合には、お客様に貴方様の会社の人を先に紹介していらっしゃることでしょう。また、貴方様が貴方様の家族を紹介する場合も同様です。社内の方々をお相手に先に紹介をする時と同様、先に家族をお相手に紹介します。

 ビジネスマナーの心得では、「目下の者から目上の者に名乗る」ことといたしますが、そこに、「レディファースト」の観点を取り入れるべきならば、「女性に対して先にお相手を紹介する」との考えになりますが、ここではレディファーストの観点、ビジネスマナーの観点について論ずることは、文字数の多い説明になってしまいますので省きます。

 この度は、貴女様の弱点について、マナーの観点からお話しをさせて頂きます。先に述べさせて頂きましたように、家族に対してお相手を先に紹介をするのではなく、お相手に家族を先に紹介するべきです。ところがいかがでしょう?貴方様が奥様とご一緒にお歩きになっている時に、突然遭遇した、どなたも認める絶世の美女が、貴女様に笑みを浮かべご挨拶をしてきました。

 貴方様も、その絶世の美女には、仕事面で何かと評価をしていらっしゃり、アポイントのも難しいご多忙の貴方様に、バッタリ会えたのですから、その美女は嬉しくてたまらない、万弁の笑みを浮かべてのご挨拶をしてくれています。そのような時こそ、貴方様の品格が試される時です。

 その女性が貴方様に挨拶をした瞬間、間髪入れず、「奥様に対して先に、その女性を紹介する」貴方様であってはいけません。奥様にその女性について誤解が生まれないように、咄嗟の本能での対応になってしまうのか、それともマナーを忘れず、順を追った落ち着いた対応ができる貴方様でいらっしゃるのか。貴方様の品格が試される時です。

 その女性は、貴方様に仕事でお世話になっていることで、優しい笑顔で挨拶を日常からなさっているのです(貴方様に対する恋愛の笑顔ではありません)。そして、貴方様がそんなに慌てふためくまでもなく、奥様も冷静にお考えでいらっしゃることでしょう。案外、両方の女性は冷静であるのに、貴方様のみが慌てふためくことがございませんように。

 女性の受講者さまには、もしも貴方様のお隣りを歩いていらっしゃる女性を貴方様がご紹介してくださらず、その女性が貴方様とご一緒なのか、たまたまお隣りをすれ違っただけの女性なのか、判断がつかず、ご挨拶に困り、どう対応すべきか?との質問を頂くこともあります。その時の対応方法についても、マナーの観点から女性の皆さまにお伝えをすることもございます。 

 わたくしは、貴方様の敵ではございませんのでご安心ください。時に、マナーのマニュアル本ではお伝えできない質問を頂きますのが、実技指導を行う現場での出来事です。大人の社会でお付き合いをしていく上では、経験の少ない新入社員さんも心得ておくべきこともあるのが、大人の社会ですね。

本誌:2016年10.24号 23ページ

PAGETOP