WEB VISION OKAYAMA

連載記事

ひがみ根性

 自分自身の性格を分析してみるとかなりひがみっぽいと思います。でもすねてひがむのはけっこう楽しいし、この先年を取るとますますひがみっぽくなりそうな予感がします。

 10月初め母の四十九日の法要があり東京で暮らしている甥っ子が帰省してきました。今年5月父の3回忌のときにも岡山に帰ってきて「生まれて初めて彼女ができて結婚を考えている」と、私に語り始めました。

 「彼女は自分の姓を変えたくないと言っているがぼくが氏を捨ててもいい?叔父ちゃんどう思う?」などと言う。「江戸時代じゃあるまいし、そんなことにこだわるな、それよりその彼女を失ったら2度とチャンスはないから頑張れ!」と励ましてやりました。

 それから半年。母の法要の席で甥が私に話しかけてきました。来年早々東京で結婚式を挙げることになった、苗字の件についても彼女が折れたそうです。でかした!我が甥っ子よ。叔父さんもうれしいよ。

 披露宴は明治記念館の「金鶏の間」の予約がとれたと何やら誇らしげ。聞けばそこは明治憲法草案の御前会議に当てられた部屋だとか。それなら私も久しぶりに上京し、祝儀もはずんでやろうと思ったらいきなりの冷や水です。「限られた人数しか入れないし、叔父さんをお呼びすることはできない」と。「くそッ、そう来たか。子どものころはかわいがってカナダに2回、ヨーロッパにも連れていってやったのに……」

 さっそくネットでその由緒正しい「金鶏の間」とやらを調べたら88人も入るではないか!叔父さんは89番目以下の存在か!まったく腹が立つ。それなら当日会館の受付に押しかけてのし袋をたたきつけてきてやろうかと悶々とし、2、3日精神安定剤が手放せませんでした。

 素直な甥っ子がそんな意地悪を思いつくはずがない。ははーん、犯人は甥の両親(私の兄夫婦)に決まっている。いやいや、甥もフィアンセも官僚の端くれだけあって祖父母(私の両親)の法事をもって冷徹にも叔父さんを切り捨てたのかもしれない。独り身の叔父の老後なんかだれが見るか! … と、まあこのように想像してしまうのも私のひがみ根性のなせるわざでしょうか?

 私は最近書き始めたエンディングノートの相続人の欄から甥の名前をそっと消しました。

本誌:2016年10.24号 13ページ

PAGETOP