WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[生命保険] 代償分割による遺産分割

 Q.遺産分割には、①「現物分割」(個々の財産を誰に分割するか決める方法)②「換価分割」(相続財産を売却し てお金に換え、現金で分割する方法)のほかに、③「代償分割」があると聞きました。どのような方法ですか。

生命保険加入で計画的に遺産分割

 A.「代償分割」とは、分割が困難な財産がある場合、その財産を相続した人が、その代わりに、他の相続人に対して自分の固有の財産を渡し分割とする方法です。 

 例えば3人兄弟、相続財産は自宅6000万円のみで、長男がこの自宅を相続する場合、何も相続しない他の兄弟
二人へは、長男が自分の固有財産から2000万円ずつを渡すとするものです。つまり、相続財産の多かった相続人が相続財産の少なかった相続人に対し、その不足額を自らの財産から渡すことによって、遺産分割の不公平を是正するものです。もし長男が資金的に余裕があれば問題はないのですが、実際には長男にはそこまでの資金的余裕がない場合が多いのです。

 この、長男が他の兄弟へ渡す現金を代償分割交付金といいますが、生命保険を活用すれば、計画的に準備することができます。先ほどの例で、長男の親が長男を受取人とした4000万円の生命保険に加入していれば、長男はその保険金を受取り、他の兄弟へ代償分割交付金として渡すことができます。

 それなら最初から他の兄弟二人を受取人とした生命保険に加入しておいた方が簡単じゃないかとも考えられます。確かにこの方が簡単なのですが、生命保険金は受取人固有の財産となりますので、通常は遺産分割を考える際の相続財産には含まれません。そのため、他の兄弟が生命保険金を直接受け取ったとしても、他の兄弟としては相続財産を全く受け取っていない、として長男に対して遺留分の減殺請求を起こすことが可能となります。(遺留分とは・・・兄弟姉妹以外の相続人が最低限相続できる割合のこと。遺言書でこれを侵害された相続人は、相続開始から1年以内であれば侵害された金額を請求することができます。これを遺留分減殺請求といいます。)

 なお、長男の渡した代償分割交付金は、贈与にはあたりません。あくまでも遺産分割の形態の一つです。

三井生命保険㈱岡山支社長 深田浩史 氏
岡山市北区幸町8-29 三井生命岡山ビル6F
TEL 086-232-2011

本誌:2016年3.21号 26ページ

PAGETOP