WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 一般的な名称の商標登録

商標「いちご」( 通常のゴシック体で表示) を弊社販売の「かばん」に使用しています。「いちご」のような一般的な名称は商標登録できないとききましたが・・・。

A : 使用商品の一般的名称か

商標は、自分( 自社) の商品や役務( 以下、商品等) を、他人( 他社) の商品等とお客様に区別してもらうための標識です。商標を付けることで自分の商品等を他人の商品等とお客様が区別できる商標の基本的な力を自他商品等識別力とか自他商品等識別性等といいます。この自他商品等識別力( 以下、識別力) がない商標は、商標として必須の機能を果たさないので商標登録されません。

このような識別力がない商標の類型の一つに、商標を使用する商品等の普通名称を普通に用いられる方法で表示するもののみの商標が挙げられています。ここの普通名称には、商品等の一般的名称( 例えば、商品「時計」について「時計」、役務「美容」について「美容」)、略称( 例えば、商品「パーソナルコンピュータ」について「パソコン」、役務「損害保険の引受け」について「損保」) そして俗称( 例えば、商品「箸」について「おてもと」、役務「質屋による資金の貸付け」について「一六銀行」) が含まれます。これら普通名称であっても、普通に用いられる方法で表示されたものではなく、書体や全体構成等が特殊( 例えば、商品「時計」に「時計」を用いる場合、この「時計」の文字が動物を表すよう特徴的にデザインされたもの) であれば、その特殊な態様が目を引くことで識別力があるとして登録されます。

さらに、この識別力がない類型は「普通名称を普通に用いられる方法で表示するもののみの商標」ですから、そういう表示のみではない場合( 例えば、普通名称を普通の字体で表示する部分と、目を引く図形の部分と、が含まれる商標) であれば識別力( この例では、図形が識別力を有するため) があるとして登録されます。貴社の商標「いちご」は、商品「苺」に用いる場合であれば、商品「苺」の普通名称( 一般的名称) を普通に用いられる方法で表示するもののみの商標( 識別力なしで登録されない) ですが、商品「かばん」について「いちご」は普通名称ではなく識別力を有し、商標登録の可能性があります。ただし、このことは他人も商品「かばん」について商標「いちご」を登録できることになりますので、他人が既に登録していないかについても注意が必要です。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2014年7.14号 31ページ

PAGETOP