WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 発明Aの改良発明Bの特許取得

Q : 既に発明A について特許出願1 をしたのですが、その
後、特許出願1 に記載していない発明A の改良発明である
発明B を発明しました。発明B に関し、特許権を取得した
いのですが、どうすればよいでしょうか。

A : 国内優先権を主張した別の出願を検討すべき

発明B は、発明A を改良した関連の発明なので、発明Aに関する特許出願1 に発明B の内容を付け加える修正( 補正) をしたくなりますが、そうはいきません。特許制度では、同じ発明に関し複数の特許出願がなされた場合、出願日が最も早い者に権利を与えますので( 先願主義)、特許出願後に新しい事項を付け加えることはできません。即ち、貴方が特許出願1 に発明B の内容を付け加える補正を許すとすれば、発明B の内容も特許出願1 当初から含まれていたことになります。そうしますと、貴方の
補正よりも前でかつ特許出願1 の出願の後に発明B に関し特許出願した人が、発明B の出願は貴方の補正よりも早くしたにも関わらず、発明B の自分の出願が特許出願1 よりも遅いとして特許を受けられない不公平が生じます。

 このため発明B について特許権を取得するには、特許出願1 とは全く関係ない出願( 以下、「独立出願」と言います)又は特許出願1 に基づく国内優先権を伴う出願( 以下、「優先権主張出願」と言います) をする必要があります。優先権主張出願は、発明A の特許出願1 から1 年以内に、発明A と発明B との両方の内容を記載し、特許出願1 に基づく国内優先権を主張した特許出願2 をします。こうすることで特許出願1 は将来取り下げとなりますが、特許出願2 に基づき発明A 及び発明B を包括的に権利化できます。

 国内優先権主張の特許出願2 については、発明A は特許出願1 の出願時をもって、発明B は特許出願2 の出願時をもって、それぞれ特許条件( 例えば、新規性や進歩性等) が満たされるか判断されます。

 優先権主張出願及び独立出願のいずれも、発明B はこれから行う出願時に基づき特許条件が判断されますので、それまで発明B を公知等にする行為等をしてはいけません。

 優先権主張出願は特許出願1 から1 年以内に行う必要がありますので、それを過ぎたときには、発明B は独立出願により権利化します。その時点で発明A が公知等でない場合には、特許出願1 の出願公開により発明A が公知となって、その公知の発明A が発明B の進歩性否定資料にならないよう注意すべきです( 特許出願1 公開前に発明B 出願)。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2011年3.14号 25ページ

PAGETOP