WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[経営] 経営改善計画書の作り方

Q:当社は銀行から経営改善計画書の提出を求められています。どの様にして作成すれば良いですか?

A:まず自社の現状把握を!

Ⅰ経営改善計画書の構成は概ね以下のとおりです。

1.会社概要:①事業内容(自社の製品・サ-ビスと特徴、顧客層・顧客ニ-ズ、競合他社、差別化要因、資金・決済条件等)、②沿革、③資本金・株主の状況、④経営陣、⑤従業員の状況、⑥組織図、⑦主要販売先・仕入先、⑧業務プロセス(受注から販売まで)を記載。

2.現状分析:①直前5期の損益計算書・貸借対照表の推移、②直前3期のキャッシュフロ-(CF)、③実態貸借対照表(不良資産評価など)、④直前5期の金融機関取引状況、⑤SWOT分析(内部環境につき自社の強みS・弱みWを明らかにし、外部環境につき機会O・脅威Tを整理し、経営戦略立案の参考とします。)、⑥現在の課題(商品・サ-ビス、顧客とニ-ズ、競合関係、仕入等調達面、組織、人材、技術、ノウハウ、設備等)、⑦経営不振に陥った原因などを記載。

3.経営改善策:(骨子)現状分析から明らかになった経営課題を、①経営全般、②売上面、③製造原価、④生産面、⑤販売管理面等の分野別に改善策・実施時期・効果を記載します。(具体的改善策)実施項目、内容、方策、責任者、数値目標、実施時期を明確化したアクションプランを作成します。

4.財務計画:①全社月次損益計画、②部門別月次損益計画、③設備投資計画、④借入金返済計画、⑤売上計画、⑥年次損益計画(3~5年間)、⑦予想貸借対照表(3~5年間)、⑧予想CF計算書を作成します。

Ⅱアクションプラン作成は以下の手順で検討します。
1.経費削減:①まず固定費削減から取り組みます。
1)人件費(採用抑制・配置転換など)、2)その他の経費(必要経費と削減可能経費に分類し後者は即時削減)
②次に変動費削減です。材料調達先絞込み、物流コスト削減、外注の内製化など。③赤字部門からの撤退等。
2.キャッシュフロ-確保:①売掛金の早期回収、②在庫圧縮、③遊休資産の処分、④買掛金の条件交渉、⑤借入条件の見直しなど。3.売上増加策の実行:①活動の量の確保、②活動の質の見直しなどです。

税理士法人石井会計代表
石井 栄一氏
岡山市南区新保1107-2
TEL086-201-1211

本誌:2010年8.23号 33ページ

PAGETOP