WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産]見本での部分意匠出願

 Q 新しいデザインの携帯電話用ストラップを開発しました。意匠出願しようと思っていますが、デザインを図面等で表すのが難しいので、見本(現物)を提出しようと考えています。この見本を提出する場合でも部分意匠の出願をすることができますか。

 A 意匠登録は、物品の形状や模様といったデザインを登録することで、そのデザインに関する独占権(意匠権)を付与する制度ですから、どういったデザインかを特定して登録する必要があります。このデザインの特定は、通常、図面や写真等を出願時に提出して行いますが、次の条件(a)~(c)を満たす見本やひな形(以下、見本等)を出願時に提出して行うこともできます。

 (a)こわれにくいもの、容易に変形・変質しないもの。

 (b)取扱い・保存に不便でないもの。

 (c)縦26㎝、横19㎝、厚さ7㎜以下のもの(薄い布地または紙地を用いるときは、縦横それぞれ1m以下の大きさでも可能。)。

 見本等の提出は、丈夫な袋に納め、A4判の所定様式の用紙にこの袋を張り付けて提出します。そして、この見本等により部分意匠の出願をするには、①願書に【部分意匠】の欄を設け、②提出する見本等のうち登録部分以外の部分を黒色で塗りつぶす等して、③登録部分の特定方法を願書の【意匠の説明】の欄に記載(例えば「黒色で塗った部分以外の部分が、部分意匠として意匠登録を受けようとする部分である。」)することが必要です。

 従いまして、ご質問の場合、携帯電話用ストラップの見本が上記条件(a)~(c)を満たせば、①願書に【部分意匠】の欄を設け、②見本のうち、登録部分以外の部分を黒色で塗りつぶして、③願書【意匠の説明】の欄に「黒色で塗った部分以外の部分が、部分意匠として意匠登録を受けようとする部分である。」と記載して部分意匠の出願をすることができます。

本誌:2015年5.18号 23ページ

PAGETOP