WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 会社名(商号)等の商標的使用

弊社「イロハ株式会社」は、袋の前面に大きく「イロハ」と表示した和菓子を販売しています。先日、商品「菓子」に関する商標「イロハ」を登録しているA 社から警告書が届きました。弊社は「イロハ株式会社」を商号登記しているのですから問題ありませんよね。

A : 登記商号でも商標権侵害あり得る

貴社は「イロハ株式会社」を正式に商号登記なさっているのですから、「イロハ株式会社」( 商号) や「イロハ」( 略称) といった表示を他人からの制限を受けることなく自由に使用できるとお考えのことでしょう。

しかし、商号登記を済ませた「イロハ株式会社」やその略称「イロハ」であっても、貴社商品「和菓子」の袋の前面に大きく表示するような場合は注意が必要です。例えば、スーパーマーケットの店内に、袋の前面に「イロハ」を大きく表示してある和菓子と、袋の前面に「ニホヘ」を大きく表示してある和菓子と、があれば、それを見たお客様は両者は違う生産者( 出所) から出てきたものと認識するでしょう。

つまり袋の前面の「イロハ」の表示が和菓子の出所を示すことで、お客様は和菓子の生産者( 出所) を見分けています。このように商品や役務( 商品等) の出所を示す標識は商標として商標法によって規定されており、たとえ登記された商号やその略称であっても、このような使用においては商標の使用とされます。

このように貴社が「和菓子」の袋の前面に「イロハ」を大きく表示して販売する行為は商標「イロハ」を商品「和菓子」に使用するものであり、その行為は、商品「菓子」( 和菓子を含む) についての商標「イロハ」のA 社の商標権( 排他独占権) を原則として侵害することになります。

つまり、いくら商号登記を受けた商号やその略称であっても、商標として使用する場合( 商品等の出所を示す) には他人の商標権に注意する必要があるということです。今回のような問題を回避するには、商号( 会社名) を決めるときに、その商号( 会社名) や略称を商標として使用する可能性があれば、その使用の障害となる商標登録がなされていないかを確認し、その商号( 会社名) や略称を予め商標登録しておくべきです。商号( 会社名) を決めて使用を始めた後、他者がそれと同一又は類似する商標を登録することにより、せっかく使用していた商号( 会社名) を変更せざるを得なくなることもあるからです。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2014年3.3号 25ページ

PAGETOP