WEB VISION OKAYAMA

連載記事

立食パーティーのマナー

ご自身のことはご自身で

貴方様に、幼児期のお子さまの躾のようなお伝えをして申し訳ございません。しかしながら、大人になればなるほど、お立場がおありになればなるほど、できていないお方もいらっしゃるかもしれません。してもらうことが当たり前になってしまっていては大変です。
プライベートなお時間の行動はお任せいたしますが、公の場では、貴方様をより一層素敵な紳士に見せるためお気を付け頂きたい内容です。

・立食パーティーでは、ご自身でお皿とグラスを持ちましょう。お皿とグラスを 同じ方の手で持ちます。(片手で両方を持ちます。)フォークも同じ方の手で持ちます。そして、握手をする方の手を空けておきます。まさか、常にどなたかに、お皿もグラスも持って頂いて当たり前と思っていらっしゃることはありませんね。ただし、お皿とグラスを片手に常に持ったまま、握手をするのがマナーであるとお伝えをしたいわけではありません。必要があればご自身でテーブルに置き、名刺交換など行います。

女性社員さんのエピソード

ある日、お勤め先の社長が、立食の懇親会にご一緒させて下さったそうです。大切なお客さまがお越しのパーティーなので、くれぐれも粗相のないように宜しく頼むよ。との申し伝えがあったそうです。その女性は、社長に宜しく頼むよ。と言われているわけですから、精一杯頑張ろうと思ったそうです。そして、社長が大切になさっているお客さまへ、飲み物を運んであげたり、お食事をお皿に取ってあげる。など、それはそれは頑張ったそうです。そして、笑顔たっぷりに明るく話しかけるように細心の注意を図った。とのことでした。そして、帰りのタクシ―に社長と乗車をした途端、社長に怒られたそうです。そうですね、その女性のなさった行動は、立食パーティーのマナーに反しているからです。

マナー違反の内容は、飲み物は、お料理をそれぞれの男性のために、取ってあげたことです。そのことを機に、その女性はマナー違反をしたことを大変悔いて、私を尋ねて下さったのです。
貴方様のお立場でいらっしゃると、社員の皆さまに教えてさしあげるお立場のことと思います。まさか、社員の皆さまに間違ったご指示を貴方様がなさっていらっしゃるのであれば大変です。
ご自身のことはご自身でなさる、素敵な貴方様でいらっしゃいますようにお願い致します。
その上で、ご自身でして頂いては恐縮なお客さまの場合は、女性社員さんではなく、お食事や飲み物のお世話は、お仕事でして下さるお店側のお方へご準備をお願いする配慮の心は、さすが貴方様です。

お立場ある素敵な男性の立食パーティーの振る舞い

☆会場内を人とすれ違う時には、知らない人にも軽く会釈を。貴方様はご存じなくとも、
すれ違ったお相手は貴方様のことを十分ご存じです。またお相手がご存じなくとも、 素敵な男性の心得としましょう。

☆グラスは、胸のあたりに持っている姿は堂々を自信のある態度に見える。と言われております。状況に応じて是非お試しを。

☆皿とグラスは同じ方の手で、お皿の端にグラスを乗せるようにします。 お皿に大盛りにお料理を乗せないようにしましょう。美しいお皿の盛り付けは、より一層貴方様を素敵に演出してくれます。ご自身で美しく慎ましく、お皿にお料理を盛り付けるよう心掛けましょう。

☆カナッペは手で直接食べてOKです。 貴方様の振る舞い(食べる姿)が、素敵に見えるように、大きなお口を開けて、 ガツガツと食べることに集中するのではなく、すぐに周囲の方々とお話しができる 態度を取るのにお奨めです。 お立場ある貴方様の食べ姿は、皆さん見ていらっしゃることをお忘れなく。

河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2014年2.17号 29ページ

PAGETOP