WEB VISION OKAYAMA

連載記事人材育成のタネ 1

新入社員の育成が中堅層強化への第一歩

  • 竹本幸史氏

 このたび連載することになった㈱スウィッチワークスの竹本です。岡山を中心に人材育成の研修・人事コンサルティングを行っています。読者にとって少しでも解決の糸口につながり、“タネ”が芽吹けばと思います。第1回目は「新入社員の人材育成」について考察したいと思います。

 各企業では、これから新入社員の内定者研修を実施する企業も多いのではないでしょうか。新入社員の育成にはさまざまな問題点が挙げられますが、代表的なものでは「ゆとり世代」に代表される、いわゆる“今どきの新入社員”問題。そしてもう1つが、新人教育に対する自覚不足や多忙で時間が割けないといった社内環境の問題です。

 今どきの新入社員を語るとき、安定志向、真面目だが快活さに乏しい、ストレス耐性が弱いなど消極的な面が強調され、こういった特性の新人を育てられない要因として取り上げられることが多いようです。

 では、どうすれば2つの問題を解決することができるのか。それは研修、日々の業務の中(OJT)で解決できます。キーワードは「仕組み化」。仕組み化とは、新入社員を早期戦力化するための育成計画です。早期に戦力化するには、挑戦的なテーマの付与や改善などを通じたOJTにあります。新入社員が仕事での経験を振り返り、気付き、学ぶことの重要性を認識することで学び方を学ぶことができるようにするためにも、OJTの場が重要です。そしてその際に、先輩や上司を巻き込んで振り返りの場を作ることがポイントです。先輩、上司と一緒に振り返ることで、新入社員はより多くのことを学べます。また先輩や上司にとっても、人材育成マネジメントの成長の場となるのです。要するに、新入社員育成を「人任せ」ではなく仕組み化することが新入社員の早期戦力化にもつながり、中堅層のマネジメント強化にもつながっていくのです。

 では、具体的にどういった仕組みにすればいいのか。その答えはわが社にご一報くだされば、すぐにお伺いさせてもらいます。

●竹本幸史● 元㈱リクルート岡山支社長。現在は人材育成を主としたコンサルティング業務の㈱SWITCH WORKSを立ち上げ奔走中。経営ビジョンを達成できるリーダー養成スクール「法人会員制・定額制ビジネススクール」を2014年3月に開設予定

本誌:2014年1.20号 11ページ

PAGETOP