WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産]  商標権の効力

自社の商品「たい焼き」に関し登録している商標と同じ商標を付けた「たこ焼き」を販売する業者ができました。商標登録の効果で、商標使用を止めさせたいのですが。

A : 登録の分野と類似しない分野の使用には効果なし

商標登録により得られる商標権の効果は、登録した商標と、登録した分野( 商品や役務として分野を指定します。指定商品や指定役務と呼びます) と、の2 つの要素によって決定されます。具体的には、下図の通り、登録した商標を登録した分野に使用する行為に関しては、商標権者に積極的な使用の権利( 専用権) が認められる( 他人行為を禁止可能) と共に、商標と分野との一方が類似で他方が同一又は類似である他人の行為を排除できる権利( 禁止権) が認められます。即ち、商標権は、登録した商標と同一又は類似の商標を、登録した分野( 指定商品、指定役務) と同一又は類似の分野に使用する他人の行為についてのみ効力が及び( 他人の行為を禁止)、登録した商標及び分野のい
ずれかでも類似しない他人の行為には効力は及びません。

ご質問の場合を考えますと、他業者が使用している商標は貴社の登録した商標と同一ですが、他業者の商品「たこ焼き」は貴社登録の分野( 指定商品) である「たい焼き」とは類似しないと判断される可能性が高いと考えられます。このため貴社商標と同じ商標の「たこ焼き」に関する他業者による使用行為は、「たこ焼き」が「たい焼き」と類似しないことにより( 商標は同一だが分野が非類似)、貴社の商標登録による商標権の効力が及ばないと思われます。以上の通り、貴社商標権によって他業者の行為を止めさせることは難しいと考えられますが、貴社の商標が周知でお客様が両社を混同する等といった一定の条件を満たせば、不正競争行為として中止させることができる場合もあります。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2011年11.14号 27ページ

PAGETOP