WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルリックコーポレーション

家具などが売れず減収 ペットは堅調に推移

 ホームセンター(HC)「タイム」、ペットショップ「アミーゴ」などを運営する㈱リックコーポレーション(岡山市北区下中野465-4、川西良治社長、資本金3億2690万円)は10月8日、減収減益の2011年2月期中間決算をまとめた。

 売上高の内訳はHC69.9%、ペット30.1%。HCは夏場に季節商品が好調だったものの、耐久消費財の家具やインテリア用品が振るわず前年同期比3.0%減。ペットは、7月にアミーゴ東深津店をオープンしたほか、昨年の出店効果もあり同4.9%増。既存店ではトリミングやペットホテルなどのサービスが堅調な半面、生体や用品の販売はいまひとつだった。8月末の店舗数はHC18店、ペット29店となった。

 利益面では、減収のほか利益率が高い高額商品の売れ行きが振るわず減益。通期の業績予想は売上高276億1200万円、経常利益4億200万円、当期利益1億7800万円。

売上高 136億2600万円(前年同期比0.8%減)
経常利益 3億4900万円(同10.6%減)
中間利益 2億200万円(同9.1%減)

本誌:2010年10.25号 12ページ

PAGETOP