WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[保険] 満期保険受取時の配偶者控除

Q.専業主婦やパートタイムの主婦が満期保険金や年金を受け取ると、夫の所得から配偶者控除が受けられなくなりますか?

控除と特別控除の両方は不可能に

A.妻に所得があった場合、金額によってはその年の配偶者控除が受けられなくなることがあります。これを契約者、被保険者、受取人が妻のケースで見てみましょう。満期保険金を受け取った場合「(受取保険金額(配当金を含む)―払込保険料総額―特別控除50万円)×1/2」が課税雑所得となります。

 パートタイムなどでほかに所得がある場合は、それを合計したものが妻の合計所得金額になります。配偶者控除は合計所得金額が38万円以下の場合にのみ適用されますので、妻の合計所得金額が38万円を超えた場合、夫はその年の配偶者控除(38万円)を受け取ることができません。

 一方、妻の合計所得金額が38万円超~76万円未満で夫の合計所得金額が1000万円以下の場合は配偶者特別所得控除が受けられます。配偶者特別控除の金額は別表の通り妻の合計所得金額に応じて3万~38万円になっています。

※パートタイムの主婦など給与所得者の場合の所持金額とは、給与所得控除後の給与の額をいいます。例えば給与収入が100万円の場合、給与所得控除は65万円、給与所得控除後の給与の額は35万円になります。この妻に課税一時所得が10万円あった場合、妻の合計所得金額は45万円となり、夫は31万円の配偶者特別控除を受けられることになります。

岡山県生命保険協会 岡山市駅前町1-9-15明治安田生命ビル6F

本誌:2005年3.21号 43ページ

PAGETOP