WEB VISION OKAYAMA

連載記事杉山慎策の経営学考察

上杉鷹山4

 上杉鷹山の研究者の第一人者である横山昭男氏は『上杉鷹山』の中で、「封建君主にとって、農業が治国の根本であることはいうまでもない。」と述べている。幕末の黒船来航近くになるまで江戸時代の「治国平天下」の基本は農業政策であった。既に山田方谷の時に述べたが、山田方谷は早くから製造業(二次産業)の重要性に気づき、製造業(鉄鋼産業)を核とした経済の活性化に取り組んだ。鷹山の改革は方谷が改革を始めた1849年より77年ほど遡る。鷹山は二次産業や三次産業の重要性をそれほど意識せず、農業を中心とした経営改革を進めていくことになる。

 この重農主義を意識して鷹山が実施したのが、「籍田の礼」である。「籍田の礼」とは世界大百科事典によれば、「中国において親桑とともに勧農と豊饒を祈願するための農耕儀礼」と説明されている。皇后は「親桑の礼」を担当し、皇帝が「勧農の礼」を担当した。前者は桑つみと養蚕のための儀式であり、後者は農耕を重んじる儀式である。この二つを「夫耕婦績」と言い、周や漢の時代(紀元前1050~紀元後220年)に行われていたものを鷹山が安永元年(1772年)3月に、奉行職、代官などを参加させ、自らが鍬入れをして、復活させたものである。以後この行事は鷹山が在国の年は必ず実施された。刀を鍬に持ち替えて荒地開発や堤防修築など農業の重要性を藩内に浸透させる行事となった。

 経営改革に取り組むためには正しい財政状況を知る必要があることは言うまでもない。このためには藩全体の会計収支報告書を作成しなければならない。方谷は真っ先に会計収支の作成に取り組み表高5万石が実際には1.9万石しかないこと、累積債務が10万両になることなどを明らかにして改革に取り組んだ。鷹山が収支決算報告書の一本化を実施したのは明和8年(1771年)である。この時の会計報告書によれば、米の収入が40,511.106石である。ただ、この内容を吟味すると、家臣からの借り上げ(つまり家臣への俸給の減額)が27%もあり、また、軒米(米以外の産物を米に換算すること)などが29%あった。金方分(米以外の収入)が30,522.10両あった。支出は米が41,650.772石、金方分(米以外の現金支出)が30,667.02両である。米が1,139.666石、金が144.92両不足する。当年度返済すべき借金が39,961両あり、その内11,950両を返金しているが、史料によると繰越赤字は28,155.20両になる。この内、領外の商人の借入が29,675両で、領内の商人からの借入が5,888両である。単年度の赤字はこれくらいであるが、領外の累積債務は安永元年(1772年)には161,713両にも上った。主要な借入先は江戸の三谷が3万両、野挽が1.6万両、本間が8千両などとなっている。鷹山の借金は備中松山藩で方谷の担った借金の恐らく2倍近くあり、借金漬けの状態であったにことは間違いない。

 既に大倹約令については述べたが、これだけの累積負債があると倹約だけでは到底対応不可能である。鷹山はどのような改革を進めたのであろうか。鷹山の改革は藩をあげての農地確保のための新田開発事業である。安永2年(1773年)から3年間実施された一大事業であった。侍組、五十騎、馬廻、与板など幅広い家臣団に刀を置いて鍬を持たせ、荒地や新田の開発、橋の架け替え、土手の築堤や飢饉の時のための備籾倉の建築などに取り組んだ。家臣の労役奉仕は藩政が成立して以来、賤役とみなされ、武士がするものではないと考えられていたのを打ち壊すことになった。しかし、安永4年(1775年)には上級家臣の反対で中止に追い込まれた。

 竹俣当綱は安永4年(1775年)9月に漆・桑・楮、それぞれ百万本植立計画を発表した。米沢藩の主要産業は青苧と漆蝋であった。青苧はカラムシのことであり、これから取れる繊維が越後上布となる。木綿の普及で青苧は次第に廃れていくが、米沢藩の主要産業の一つであった。漆の雌木から蝋がとれ、蝋燭の原料となった。米沢藩は蝋燭の一大産地であった。

 青苧・漆蝋に代わり漆・桑・楮の新たな産業育成に乗り出したのである。桑は養蚕のためであり、絹の生産により付加価値の高い産業を育成しようとした。楮は和紙の原料である。漆は前述の通り蝋燭のためである。10年後これらがそれぞれ百万本の成木になれば16万石に匹敵する収益を生み出すと計算したのである。「五千金は三百万本の元気、三百万本は十六万五百九十石余の元気」というスローガンが唱えられた。

 それぞれ百万本の植樹をするためにも莫大な資金が必要である。鷹山はどのようにしてこの資金を捻出したのであろうか。竹俣当綱は御用商人に借金の棚上げを交渉すると同時にこれらの新たな産業育成のための借金を要請した。難交渉の結果、江戸の御用商人三谷家などからの借金5千両を獲得し百万本植立事業に充当した。

 100万本計画は全て順当に進んだわけではない。この3つの産業育成の中で少なくとも漆は天明2年(1782年)には百万本を超える植立がなされ、かなりの成果を生み出したことが記録されている。漆の蝋は後に熊本藩などの櫨の実から取られる蝋に取って代わられた。

 残念ながらこの壮大な計画は天明の大飢饉(1782年から1788年)の影響もあり失敗し、竹俣当綱は責任を取って失脚することになる。

本誌:2020年4月6日号 17ページ

PAGETOP