WEB VISION OKAYAMA

連載記事杉山慎策の経営学考察

上杉鷹山2

 17歳で上杉家の家督を継いだ鷹山は、改革の決意を述べた誓詞を二つの神社に奉納した。一つは明和4年(1767年)8月1日に春日神社に収めたもので、明治になる前の慶応元年(1865年)に発見された。春日大社は上杉謙信が奈良の春日大社から分霊して創建したもので、春日山城から会津、米沢と移築された上杉家の氏神である。誓詞の内容は、①文学・武術を怠らぬこと、②「民の父母」の心構えを第一にすること、③質素倹約を忘れぬこと、④言行を一致させ、賞罰を正しくし、不順無礼がないようにすること―の4つの誓いである。

 もう一つは明和4年(1767年)9月6日に白子神社に奉納したものである。白子神社は文禄年間(1593年から1596年)に蒲生氏郷により米沢城の鎮守として創建され、上杉家に引き継がれたものである。この誓詞は明治24年(1891年)になって見つかった。内容は、①大倹(節約)の実行を誓い、②藩主としての政治改革を執行することを、神に誓ったものである。

 両誓詞は江戸から使いを送って奉納したものであり、内密に行われたものである。外者の17歳の若き藩主が神に愚直に不退転の覚悟で改革に当たることを誓ったものである。神への誓いではあるが、自らに言い聞かせた覚悟を示したものであることは間違いない。

 改革を成し遂げるためにはどのようにしたらよいかについては、ハーバード大学ビジネススクールの松下幸之助記念講座の名誉教授のジョン・コッターの変革理論が有名である。彼はハーバード大学の史上最年少の33歳の時に終身教職権(テニュア)を獲得している。

 コッターは組織において変革を興すためには八段階のステップを踏むべきであると主張する。先ず、第一に「危機意識を高めること」が大切であり、第二に「変革推進のためのチームを作ること」、第三に「ビジョンと戦略を生み出すこと」、第四に「変革のためのビジョンを周知徹底すること」、第五に「組織の構成員の自発を促すこと」、第六に「短期的成果を実現すること」、第七に「成果を生かして、さらなる変革を推進すること」、最後の第八ステップで「変革を企業文化の中に取り入れること」であり、この順序で変革を推し進めるべきであると主張する。

 鷹山の大検執行(節約令)は明和4年(1767年)9月18日に発令されたが、正にこれはコッターの変革の第一ステップの「危機意識を高めること」に相当すると言える。

 「隗より始めよ」は中国の史書「戦国策」にある「燕の章」に書かれているエピソードである。戦国期に郭隗が燕の「昭王」から賢者を集める方法を尋ねられたとき、隗は「まず凡庸な私を優遇して下さい。私のような者がまず優遇されれば、もっと優遇を受けたい優秀な人材が集まって来ます。」と答えた。実際に多くの優秀な人材が集まったとのことであるが、ここから転じて「大事をなすためには手近なことから始めよ」という意味となり、「事をなそうとすると、自ら範を示す」という意味になった。

 正に、鷹山は大検執行の命令を出す時に、「先従隗始」を実行した。従来の米沢藩の藩主の江戸在住時の費用は年間1500両であった。鷹山はこれを209両に大幅減額した。驚くことに経費を七分の一に切り詰めることにしたのである。日常の食事は一汁一菜、衣服は綿衣、奥女中も50人から9人に減じた。奥女中については義父の重定の妻が実家の尾張家から連れてきていた人たちであった。鷹山は尾張家に自ら米沢藩の窮状を訴え、引き取ってもらうことに成功した。鷹山の米沢での費用も年間120両2分と銭1010貫314文(合計で約275両)とした。小姓などへの費用や食費と衣類に260両かかっており、他の用途に使用可能な金額は15両ほどであった。自ら範を垂れることにより、危機意識を高めたと言える。

 鷹山は不退転の覚悟で愚直に経営改革の一歩を踏み出した。方谷の時にも述べたが改革の第一歩は「入るを量りて、出ずるを制す」(法則の5)からのスタートとなる。

本誌:2020年2月3日号 17ページ

PAGETOP