WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[知的財産]

意匠法の改正

 Q 近々、意匠制度が大きく変わるのですか。

 A 改正意匠法が令和2年4月1日に施行される予定です。この改正点の概要は次の通りです。

 ①保護対象の拡充

 物品に記録・表示されていない画像や、建築物の外観・内装のデザインを、 新たに意匠法の保護対象とする。

 ②関連意匠制度

 一貫したコンセプトに基づき開発されたデザインを保護可能とするため、
(ⅰ)関連意匠の出願可能期間を、本意匠の登録の公表日まで(8か月程度)から、本意匠の出願日から10年以内までに延長する。
(ⅱ)関連意匠にのみ類似する意匠の登録を認める。

 ③意匠権の存続期間の変更

 「登録日から20年」から「出願日から25年」に変更する。

 ④意匠登録出願手続の簡素化

(ⅰ)複数の意匠の一括出願を認める。
(ⅱ)物品の名称を柔軟に記載できることとするため、物品の区分を廃止する。

 ⑤間接侵害

 「その物品等がその意匠の実施に用いられることを知っていること」等の主観的要素を規定することにより、取り締まりを回避する目的で侵害品を構成部品に分割して製造・輸入等する行為を取り締まれるようにする。

本誌:2019年12月2日号 25ページ

PAGETOP