WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[生命保険]

「リビング・ニーズ特約」とは

 Q.死亡保険金と似た商品に「リビング・ニーズ特約」があります。これはどのような商品で、死亡保険金とは何が違うのでしょうか?

 A.「リビング・ニーズ特約」は、被保険者の余命が6カ月以内と判断されたとき、死亡保険金の将来のお支払いにかえ、その全部または一部をこの特約により保険金として生前にお支払いするものです。所得税は非課税となります。

 注意すべき点は、支払った保険金が預金として残った場合、この原資が死亡保険金だったとしても、相続開始時点はあくまでも預金であるため、本来の相続財産となり「生命保険金等の非課税額」(500万円×法定相続人数)は適用されません。つまり、「死亡保険金として支払われたのか」「リビング・ニーズ特約として支払われたのか」によって、相続税の対象となる金額が異なるのです。

 例えば、死亡保険金が4000万円の場合で、法定相続人が4名の場合、500万円×4名=2000万円まで相続税がかかりません。そこで、仮に「リビング・ニーズ特約」支払事由に該当し2000万円生前に受取り、そのお金を治療費等に全額使ってしまえば、この死亡保険金4000万円に対する相続税はゼロとなります。

 しかし治療費等を相続人が負担し、生前に支払われた特約保険金がそのまま残った場合には、この2000万円に相続税がかかってくる可能性があります。

 「リビング・ニーズ特約」は、支払金額から6カ月間に対する利息および保険料相当額が相殺されて支払われることが多いです。またこの特約は「指定代理請求人」が請求することができます。「指定代理請求人」は、生命保険加入時などに指定され、被保険者が自ら請求できない所定の事情が生じた場合、被保険者の代理人として保険金等を請求することができます。

 「指定代理請求人」による「リビング・ニーズ特約」の請求は、被保険者本人には余命の告知がされていないこともあり、例えば保険料が引き落とされていないことを預金通帳などから本人が気づいて余命を知ってしまう可能性もあります。この制度を使う場合細心の注意を払うべきです。

三井生命保険㈱
岡山支社長
冨谷拓真氏
岡山市北区幸町8-29 三井生命岡山ビル6階
TEL.086-232-2011

本誌:2017年秋季特別号 21ページ

PAGETOP