WEB VISION OKAYAMA

連載記事

テーブルマナー

 この度のテーブルマナーの写真教材は、小学校低学年の男の子にお手伝いしてもらいました。小さな男の子でもお行儀悪く見えるのですから、もしや大人である貴方様が同じ間違いをしたならば、大変に恥をかいてしまう行動とも言えます。

 ●エスコートについて

 ×お腹を突き出してふてぶてしい歩き方をして、女性より先に座ってしまう。

 ○まずは女性に席のエスコートをしましょう。

 ●おしぼりの使い方

 ×お顔や首筋を拭かないように。とお伝えしたことがありますね。今日は手だけを拭いているので合格。と思っている貴方様。それだけでは貴方様に相応しい品格ある振る舞いとは言えません。人前で大きな振る舞いは禁物です。

 ○テーブルから少し見える位置で手を拭きます。その場合、全てが見えない位置にせず、何をしているか少し見える位置にするのがお相手に安心感を与えるコツです。 

 ●カトラリーの使い方

 ナイフやフォークについた料理を、ナイフとフォークをこすりゴシゴシこすり合わせて取り除くのは格好悪いですよ。知らず知らずについついしてしまっていては、貴方様の品位を損ねます。お気を付けください。

 ●テーブルナプキンの広げ方

 ×おしぼりと同様、全く見えない行動はお相手が不安になる要素です。

 ○テーブルから少し見える位置で広げると、落ち付きのある貴方様の印象を引き立てることができます。

 ×テーブルの上で大きく広げるのはみっともないですね。

 ●パンの食べ方
 
 ×まさか、貴方様ともあろうお方がパンにかじりついていらっしゃるとは思えません。小学生君ですら、教材用撮影として無理やりしてくれた行動にすぎません。

 ○パンはお皿の上にちぎりましょう。テーブルの上にパンクズが散らかっていては貴方様の印象はだいなしです。

 ×バターナイフを持ったままパンをちぎらないように。油断は禁物です。

 貴方様の行動はいつも周囲の人々から注目を受けていることを忘れないでください。素敵な装い、素敵な場所、素敵な人とのお食事と3拍子揃って、貴方様に相応しい状況であっても、貴方様の食事のしぐさが3流では、裸の王様を連想させてしまいます。次回の素敵なひとときは、素敵な振る舞いでお過ごしください。

本誌:2015年11.16号 23ページ

PAGETOP