WEB VISION OKAYAMA

連載記事

テーブルマナーの前の前の準備マナー編

 大変注目を受けることの多い貴方様。以前にもお伝えをしたことがある、テーブルマナーについて紹介致します。

 「マナーコラム読んでいるよ」との有難いお声も多々お伺いしております。確かにお読み頂いていることが真実であると判断できるコメントも頂戴いたします。しかしながら、マナーとはほど遠い不思議な行動を沢山なさっている貴方様です。

 少年のように無頓着な行動が、貴方様の魅力であるのは、周囲の方々も認めていらっしゃることでしょう。しかし、貴方様は立派な大人でいらっしゃいます。3歳の男の子が、スマートにこなせる「紳士のマナー」を、貴方様ができないのは、3歳くんが見ても、滑稽に感じてしまいます。

 素敵な女性と過ごすための、3歳くんへのレッスン、「素敵なお姉さんに嫌われないための行動編」を、この度は、特別に貴方様に無料レッスンいたします。

 3歳君のためのレッスン・素敵なお姉さんとのデート編<素敵な紳士になるためにはイメージトレーニングが大切です>

 ①エレベーターでは、常に女性をエスコートしましょう。エレベーターのパネル係は、進んで行うように。知らない女性が同じエレベーターに乗車していた時も同様です。綺麗なお姉さんだけでなく、ふくよかなおばちゃんであっても、「どうぞ」とにっこりジェスチャーつきで行うように。

 どうぞと案内の手を指し示す時は、指を差すポーズではなく、指を揃えて行います。常ににっこりですよ。貴方様のその日のご機嫌に関わらずにっこりですよ。素敵なお姉さんにのみではありませんよ。貴方様をいつもガミガミ怒るお母さんに対しても同じように必ず行うように。

 素敵な場所でお食事をする前のエレベーターの行動一つで、貴方様の評価は決まっているのですよ。ここでの減点は許されません。

 ②お食事の場所についたら、椅子に座るのはお姉さんが先ですよ。座るのが嬉しくなる場所が、お姉さんの席です。貴方様が嬉しくなる席に先に座らないように。お姉さんが座ったのを見届けてから、貴方様が座ります。もちろん、お母さんにも同じようにしてね。綺麗なお姉さんでなくても、女性が先なんですよ。

 3歳くんも、心得ている最低限のマナーです。まさか、エレベーターに乗った時に、見知らぬ女性に、パネル係をさせたことはないこととは思います。私がホテルで複数回経験した、当たり前のように私のエスコートを受ける仕立ての良いスーツをお召しの見知らぬ紳士が貴方様でなかったことを祈ります。

 見知らぬ女性が「どうぞ」と言ってくれた時に、貴方様はどのような対応をすべきかご承知のことと思います。お立場あるお方である貴方様に対して、見知らぬ女性が、「お先にどうぞ」と言ってくれても、間に受けないように。少年の心をお持ちの貴方様。私のエスコートを素直に間に受けるのならばまだしも、綺麗なお姉さんの言葉は裏腹でございます。他の裏腹言葉に、迷わされないためにも、しっかり、マナーの基本を身に付けておくべきでしょう。

 マナーの一環としての行動と、貴方様に熱烈に思いを寄せている行動を勘違いしてしまっては、大きな問題になりかねません。

 決して、貴方様のことではありません。今後も多数の読者の皆さまが、ご自身のこととお思いになって下さるような、ドキっとして頂く話題を提供していきたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

本誌:2015年7.20号 27ページ

PAGETOP