WEB VISION OKAYAMA

連載記事

食事のマナー

①お箸の扱いで気をつける内容(みぐるしい箸使いについて) 
お立場のあるお方が失敗しがちなお箸使い

皆さまが発言に注目なさるお立場の貴方様。お箸を一旦、箸置きに置く間もなく、会食中にお話しをしなくてはならない状況の時もおありのことと思います。そんな時にお気をつけて頂きたいのが、お箸の先の向きです。お相手の方を向けていないはずであっても、貴方様の横にも斜め前にも他のお方がいらっしゃることでしょう。その場合はどなたかの方にお箸の先が向いてしまいます。そして、お話しの内容に夢中になってしまうと、お箸の先は、机に並行な向きではなく、どうしても少し上向きになります。その時はどなたかの方にお箸の先が向いているのです。そのような悪気のない行動も、はしたない行動の一つです。それどころか、お箸を持ったまま、話す時のジェスチャーとして手を動かしていませんか? なんともみっともない。 お箸は指揮棒ではありません。

一度ずつお箸を置いてお話しする状況ではない場合、お箸を持っている逆の手で、お箸を押さえてお話しをするようにします。(両手でお箸を持っているしぐさ、両手の手の平が上向き)

②お絞りの使い方

お絞りは、洋食のマナーのテーブルナプキンを広げる位置と同様の位置で広げましょう。テーブルにつくぐらいの位置ですので、到底、お絞りがお顔の近くに行くはずがありません。もう少しはっきり申しますと、手を拭くべきお絞りでお顔や首を拭くお方とご一緒するのは、あまりにも恥ずかしい。貴方様は特別なので許されるなんてお思いになりませぬように。貴方様が「煙草、良いですか?」とお声をおかけになると、嫌であっても、ニッコリとして「どうぞ。」とお伝えするのと同様、お断りの言葉を添えてもダメです。お立場をお考えになり、ご自身のお行儀はご自身で管理をなさって下さい。

※お絞りが出る場所が全て正しいわけではありませんので、お絞りが提供されない場合に、むやみにお相手を否定しては、貴方様の方が恥をかくことになりかねませんのでご注意ください。

③ 吸い物椀の開け方閉め方のマナー 

吸い物のお椀は、食べ終わった後は、逆向き(裏側)に向けておくものだ。とか、食べ終わった蓋は、正面ではなくずらしておくべきだ。と豪語する男性の言葉を耳にする事があります。お立場ある男性が仰る時に恥をかかせてはいけませんので、会食時には否定はいたしませんが、もう少し、詳しい知識を身に付けておきましょう。大宴会で大勢のお客様に対してのサービスをしなければならない状況の時は、サービスをする側の目が、貴方様お一人に向いているわけではありませんので、食べ終わった合図をしてあげるのも思いやりの一つと言えます。

しかし、貴方様へ最高級のもてなしが提供できる場では、蓋をひっくり返す必要はありません。貴方様の食事のペースに合わせて、全てが貴方様好みのサービスができる場所では、貴方様のために用意されている素敵な器を逆向きに向けるのは失礼に当たります。お相手のもてなしを十分に考慮し、器にも敬意を表す行動をお願い致します。(器の正面がどの位置の絵柄なのか、しっかり楽しむ行動を)

④レモンの扱い方 

輪切りのレモンはレモンの香りを楽しむために、お箸でそっとレモンを押さえ、食材に香りをつけてお料理を楽しみます。両手でお箸を一本ずつ持ってレモンにはさみ、果汁を絞ることはなさらぬように。お箸を一本ずつ両手に持つ行動は、みっともないお箸使いの一つです。ましてや、そのはしたない行動を、お食事にご一緒した女性に、自慢そうに、「こうやると手が汚れないよ。」なんてお教えになっていらっしゃらないですね。櫛切りのレモンは、果汁を楽しむために、果汁が周囲に飛び散らないように手を添えます。「レモンに箸を添えると果汁が飛び散らないよ。」なんて、間違ったお行儀をまたまた周囲の人に教えるのも、よして下さいね。
お立場ある貴方様のお行儀の間違いは、貴方様に恥をかかせるわけにいきませんので、どなたも否定できないのです。 

もしも、上記の内容を貴方様に直接にお伝えになる女性がいたならば、貴方様は素直に受け入れることが、おできになりますか? 貴方様がお外で、裸の王様にならないための思いやりの言葉です。貴方様を大切に思って下さるお方に感謝出来る事を心より願っております。 

(余談)
そうは言っても私はそのような男性の行動をすべて見て見ぬふりをする習慣がついています。職業柄、レッスン料が発生しないと、スイッチが入らない心の仕組みのようです(笑)。貴方様の食事のしぐさを、いつも観察しているわけではありませんよ(^_^.)。
どこかでお会いすることがございましても、ご安心を。

河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2015年1.26号 19ページ

PAGETOP