WEB VISION OKAYAMA

連載記事

立食パーティーのマナー

大勢の方々が集う、立食パーティーにおいてもお立場ある貴方様は、参加者の皆さまの注目を受けることが多いことでしょう。
この度は、立食パーティーでの行動について確認致しましょう。

①料理のテーブル近辺でお話しをしない。
②人に飲み物や料理を持ってきてもらわない。
③一度使用したお皿はその都度取り替える。(立食パーティーのみ、ホームパーティーでは逆効果)
④お皿に入れる料理はほんの少しずつ。(大盛りのお皿はみっともない。貴方様の価値を下げます)
⑤コース料理と同じ順番に食べる。主催者の挨拶が終わってから。(まさか、御挨拶の方々のお話しが長いからと言って)
⑥一度に何枚ものお皿を取らない。

①貴方様がご案内を受ける場所は、お料理が取りやすいメインの場所であることも多く、皆さまがご挨拶にお越しになって下さることも多いことでしょう。貴方様の立ち位置は大丈夫ですか?メインのお料理のテーブルの真横ではないのでと油断しないように。また皆さまの道線になる場所も。会場内の皆さまに多大なる気遣いができてこそ、貴方様の存在が引き立ちます。貴方様自身が気を使わなければ、貴方様の立ち位置を注意なさるお方は到底いらっしゃいません。会場内の遥か遠くの出席者の皆さまも貴方様の行動は気にかけていることを忘れずに。

②立食パーティーでは、ご自身の料理や飲み物はご自身で取るのがマナーです。しかしながら、貴方様のような来賓のお方には特別に、気遣いをなさる主催者側もいらっしゃることでしょう。仕事でお料理をサービスして下さるお方のおもてなしは、甘えて構いませんが、参加者の方が貴方様のお料理を気を使ってお取りになって下さらなければならないような貴方様の態度であるならば問題です。 
女性の皆さまに立食パーティーのマナーをお伝えする時には、男性のお料理や飲み物をサーブするのは絶対にやめなさい。とお伝えします。(お酒を職業として扱う仕事のお方は別として。)会社にお勤めの女性が個人的にマナーに悩んでスクールにお越しになりました。ご自身のお勤めになる会社経営者の男性A様が、大切なお取引の方々との立食パーティーがあるので、同行しますか?とのことだったそうです。彼女は同行することを選択しました。彼女はくれぐれも粗相はないようにと、取引先お客様数名に笑顔で接し頑張ったそうです。そして、帰りのタクシーに経営者のA様と乗車した途端、大変に怒られたそうです。A様はとても恥ずかしかったとのこと。

理由は、彼女がお客様に対して、お料理のお皿を取りに行ったり、飲み物を気遣って取りに行ったりした行為についてです。そうですね。彼女はそのようなサービスを立食パーティーの場でするべきではありませんでした。彼女はA様の会社の仕事をしている従業員であって、その場所でお酒をサーブする仕事を依頼されている女性ではないからです。A様は、女性従業員に対して「同行しなさい。」ではなく、「同行しますか?」との疑問形になさっている点もA様が素敵な紳士である点が伺えます。

ここで申し上げたいのは、彼女がした行動を気が利く素敵な女性の行動と思う男性では困る!という事です。

貴方様はどちらのお考えでいらっしゃいますか?

この度は、立食パーティーでのマナーについてのお話しとしてお伝え致しましたが、女性である私たちは、全てにおいて「貴方様のお手伝いいたしません。」と言っているわけではないことを申し伝えます。私たち女性も、女性としての優しさを忘れたくはないところです。

これからの季節、あらゆるパーティーの場所で、ますます素敵な貴方様でいらっしゃいますように願っております。

河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2014年11.17号 23ページ

PAGETOP