WEB VISION OKAYAMA

連載記事

テーブルマナー ~チック編~

いつもコラムをご覧いただきまして誠に有難うございます。こちらのコラムでは男性についてのご指摘を多く行っておりますが、皆さま大変大らかなお気持ちでご覧いただいていること、大変有難く思います。もしも女性のことをこんなにも指摘をしたならば、それはそれは大変な非難を受けることでしょう・・・。

下記の内容はいつもなさっている行動ではなく、していただきたくない行動のご紹介です。当てはまることはございますか?もしや、当てはまっていることすらお気づきになっていらっしゃらないことは?そろそろ、周囲の皆さまに、ご自身の行動はいかに? とご質問をなさってみるのも良い機会かもしれません。

貴方様には、どなたもご指摘をなさいません。貴方様からすると、ご一緒に仲よく食事ができる仲なんだから、なんでも気安く言ってくれるはずだ。と思っていらっしゃるかもしれませんが、お立場ある貴方様の行動に指摘をせず、いつもニコニコ接して下さっているのかもしれません。

大きなセクハラ問題ではなく、下記の項目程度であれば、周囲の女性に貴方様の○×△の評価をお願いしても気軽に引き受けて下さるかもしれません。

1.お口の中に食べ物が入っているまま会話をすることがある。

2.食事中に、他の場所を指差したことがある。(人差し指で遠くを示さないように。)

3.初めて食事をご一緒する女性の前でタバコを吸ったことがある。

4.素敵な洋食店でメインの料理が終了するより前にタバコを席についたまま吸ったことがある。

5/ナイフとフォークがお皿に当たる時の音は、仕方がないと思っている。(たいして音はしないはずです。)

4.フォークの背に料理を乗せるのをマナーと心得ている。(フォークをくるっとひっくりかえす使用方法を)

7.パンくずがテーブルに落ちてみっともないので、手でつまんで口の中に入れたことがある。(無意識にしていないか、同席したことのあるお方に確認を)

8.おしぼりで、手以外の場所をふいたことがある。

9.おしぼりで口をふいたことがある。

10.テーブルナプキンをお腹のベルトにはさんだことがある。

11.テーブルナプキンを周囲の人のことを考えずさっさと膝の上に乗せたことがある。

12.高級な鞄なのでテーブルの上に鞄を乗せて当たり前と思っている。

13.パンは勿論、手でちぎって食べると心得ているが、ちぎったパンを結局は一口ではなく、噛み切っている。

14.女性は甘い物は別腹だと良く聞くし、甘いものは苦手なので、自分のケーキもお隣りの席の女性のお皿に乗せてあげる気配りをした。

15.食事の後は、テーブルナプキンを丁寧にたたんでテーブルの左側に置いた。

16.フォーマルな状況の時も、スープ皿の中のスープを全て綺麗にいただくように、スープのお皿は飲みやすいように傾けて飲んだ。

上記はしていただきたい内容ではなく、していただきたくない内容です。素敵な貴方様は、正しい項目に直したならばどんな文章になるべきなのか、間違えにお気づきになったことでしょう。どうしていけないのか疑問をお持ちの貴方様。是非とも日常のお行儀を学んでみましょう。

河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2014年9.15号 23ページ

PAGETOP