WEB VISION OKAYAMA

連載記事

天皇陛下と宮殿

 ここ十数年、皇室トピックと言えばいいにつけ悪いにつけ雅子さまをめぐる話題が中心だったような気がします。ところが秋の園遊会で山本太郎参議院議員が天皇陛下に突然手紙を渡すという前代未聞の珍事が発生し、不敬であるとして山本議員に対する懲罰や天皇の政治利用に関してさまざま議論されました。

 この秋、庶民でもあまり考えたくない自分の葬儀や埋葬に関して両陛下ご自身が質素かつ現代にあわせたスタイルでやってほしいと発言され大きなニュースになりました。

 そして明るい話題としてはケネディ米国大使着任にともなう馬車行列と信任状奉呈式がありました。宮殿正殿・松の間での伝統と様式美に彩られた国事行為を、テレビを通じて垣間見ることができました。

 山本議員の手紙事件はまったくほめられた行為でないのは言うまでもありません。別に園遊会のような特別な席でなくても唐突でぶしつけな行為はそもそもマナー違反ですが、まるで火の手があがるように山本議員の軽率な行為に対し議員辞職まで迫る非難の嵐が起きたのは行き過ぎだと思いました。

 この事件がどのように決着が付くのかなと思っていたら、任期中は皇室行事への参加禁止という訳の分からない処分で火が消えました。なぜ強硬な懲罰要求が引っ込んだのかというと、私の想像ですが、山本議員あてに刃物が入った郵便物が届いた事件があり、陛下が議員のことを心配されているというニュースが伝わったからではないかという気がします。人間的に暖かく、深い思慮と無私の思いやりにあふれた方を陛下としていただいていることを奇跡のようにありがたく感じました。

 天皇の存在は我々が普段意識している以上の恩恵を日本にもたらせているのは言うまでもありません。それなのに国事行為の本丸、「宮殿」なるものがなぜあのように質素なのでしょう?外国の新任大使も「宮殿」と聞いて出掛けたのに家具調度品ひとつない板の間が「正殿」だったとはびっくり仰天ではないでしょうか。

 伊勢神宮も驚くほど簡素な建物であることを考えるとあのシンプルさこそ日本をよく表現しているといえなくもないのでしょうが、せめて迎賓館(旧赤坂離宮)クラスの宮殿を皇居に置いてもバチは当たらないのではないかと思います。

本誌:2013年12.2号 15ページ

PAGETOP