WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] プログラムの特許

Q :新しいコンピュータープログラムを考え出しました。プログラムは手続不要の著作権制度により独占できると思いますが、特許の対象にもなると聴きました。これらは何が違うのでしょうか。

A : 特許はアルゴリズムを保護

著作物に該当するコンピュータープログラムは、手続を要することなく著作権の保護( 著作権者が独占等可能) を受けることができます。著作権は、思想感情の創作的な表現である著作物に与えられるものですから、プログラムに係る著作権は表現が同じプログラムには効力が及びますが、表現の違うプログラムには効力が及びません。

特許の対象である発明にもプログラムは含まれますので、プログラムは特許による保護( 特許権者が独占可能)を受けることができます。特許は技術的アイディア( 発明)を保護するものですから、プログラムの特許権は、プログラムにおけるアイディアであるアルゴリズム( コンピューターに対する指令の組合せ) が同じプログラムであれば表現の違いに影響されず効力が及びます。

このように著作権と特許権とはプログラムに異なる観点( 表現とアルゴリズム)からそれぞれ保護を与えますので、貴方のプログラムとアルゴリズムは同じなのに表現が異なるプログラムへの効力が顕著に異なります。例えば、貴方のプログラムが「A 機能と、B 機能と、をコンピューターに実現させるプログラム」( 例えば、A 機能: 演算機能、
B 機能: 演算結果に基づく判断機能)とすると、特許権は、
A 機能とB 機能とをコンピューターに実現させるもの( A
機能とB 機能との組合せであるアルゴリズムが同一) であれば貴方のプログラムと表現がいかに異なっても効力が及びますが、著作権は、A 機能とB 機能とをコンピューターに実現させるものであっても貴方のプログラムと表現が異なっていれば効力は及びません。つまり著作権は他人がプログラムをそっくりコピーするような行為には効力が及びますが、表現を違えてアルゴリズムを真似する行為( 例えば、そのアルゴリズムを実現するプログラムを新しく作成する行為) には効力が及びません。

貴方のプログラムのアルゴリズムが新しく、それをコンピューターに実現させるプログラム全体に独占権を得たいのであれば、特許権の取得を検討してはいかがでしょうか。


笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2013年7.8号 23ページ

PAGETOP