WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産]  商品形態の模倣

競合会社が2 年ぐらい前から販売している商品の形状がかわいくてよく売れています。競合会社は意匠登録等をしていないので、その商品形状と同じ商品を販売しようかと思っていますが大丈夫でしょうか。

A : 不正競争行為に該当し得る

商品の形状や模様等の優れたデザインは、以前ご説明した通り、意匠登録して意匠権( 独占権) を取得し、他人の模倣を禁止し商売を有利に展開することができます。では、意匠登録をしていないデザインはいくら模倣してもよいかというとそうではありません。新しく商品を開発し販売する先行者は、多くの費用や労力をつぎ込んで先行商品のデザインを決めるのに対し、他のデザインを選択することができる後発者があえて先行者のデザインを模倣して後発商品を販売等することは、先行者の行為にただ乗り
する不公正な行為であり禁止されるべきだからです。

不正競争防止法第2 条第1 項第3 号は、他人の商品の形態( 商品の形状や模様等) を模倣した商品を譲渡等する行為は不正競争行為であると規定しています。このため競合会社が意匠権を取得していなければ貴社行為は競合会社の意匠権侵害にはなりませんが、貴社行為は不正競争行為とされることがあり得ます。詳細には、下の要件を満たし、貴社が貴社商品を販売等すれば不正競争に該当するとのことで問題( 例えば、競合会社から差止請求や損害賠償請求等を受ける) になる可能性があります。

a ) 競合会社の商品( 相手商品) の形状を貴社がまねて貴社商品の形状としたこと( 相手商品形状に依拠している場合のみで、貴社が独自に考え出した場合は除かれます)

b ) 相手商品と貴社商品との形状が実質的同一であること( いわゆるデッドコピーであること)

c ) 日本国内で相手商品が最初に販売された日から3 年以内であること

d ) 相手商品の機能確保に不可欠な形状ではない形状を模倣したこと

要件c については、3 年経過後であっても、相手商品の形状がよく知られる( 周知、著名) ようになった場合は別の条文( 同項第1 号、第2 号) に規定される不正競争行為とされたり、貴社行為が著しく不公正な場合等は民法上の不法行為とされる可能性も考えられ注意が必要です。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2013年3.4号 21ページ

PAGETOP