WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 地域ブランドの守り方

「備前焼」等のような地域名称と商品名を連ね、一般的な字体で書いた商標でも商標登録できるのでしょうか。

A:地域団体商標制度による登録

地域名称と商品名とを連ね一般的な字体により書かれた商標は、その地域に関係する商品又は役務(商品等)であることを示すのみで、誰の商品等であるかを示す商標本来の力(自他商品等識別力)が弱く、更に一部の者に独占させるとその他の者が迷惑するので、全国的に有名(著名)になった場合を除いて、商標登録されませんでした。

この様に商標が著名になれば登録を受けて他人の勝手な使用を阻止できますが、それまではその商標は誰でも使用してよいため、例えば、他人が商標を粗悪品に使用することも禁止できませんでした(商標の信用失墜を生じます)。

このため、この商標使用者の業務上の信用を維持し、地域経済の活性化や競争力強化を促進するため、この様な商標が早い段階から商標登録を受られるよう、平成18年4月から地域団体商標制度が始まりました。

この様な地域名称と商品名とを連ねた商標が地域団体商標として登録される代表的条件は次の通りですので、これらを満たせば登録される可能性があります。

(1)出願する商標

(地域の名称)と(商品等の普通名称・慣用商標)とを連ねた商標です。地域名称は、商品産地、役務提供地、主要原材料の産地等等のように、商品等と密接な関連性が必要です。

(2)商標の出願人→(a)と(b)とを満たす法人

(a)事業協同組合等の特別の法律により設立された組合(b)組合の設立根拠法に加入自由が規定されていること*代表的には、事業協同組合、農業協同組合、漁業協同組合、酒造組合、森林組合等です。個人、株式会社、地方自治体、財団法人、商工会議所等は含まれません。

(3)出願人又はその構成員の商標の使用によって一定程度の周知性(例えば、隣接都道府県に及ぶ程度の需要者に認識されていること。全国レベルまでは要求されません。)を獲得していること

(4)商標が商品等の普通名称でないこと例えば、「さつまいも」「伊予柑」「伊勢海老」等は普通名称ですので登録されません。
-1

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440


本誌:2012年6.11号 21ページ

PAGETOP