WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産]  不使用の商標の取消審判

私は、人気が出そうな商標を予め商標登録しておき、誰かが高値で買い取ってくれるのを待っています。商標登録しても、商標を実際に使用していないというだけで取り消される可能性があるという噂は本当でしょうか。

A : 継続して3 年以上不使用の商標は取消可能

商標は、使用されることで信用が蓄積され、その蓄積された信用を守るために独占権の商標権が与えられるものです。このため使用されない商標( 不使用商標) は、守るべき信用がないので商標権を与える価値がなく、さらに不使用商標に与えられた商標権は他人の商標使用を邪魔するため存続させるべきではありません。

このため継続して3 年以上日本国内において不使用の状態の登録商標は、誰でもその使用していない分野( 指定商品、指定役務) に関し商標登録を取り消す手続である不使用取消審判( 以下、単に「審判」) を請求することができます。審判が請求されると、審判請求の登録前3 年以内に、本国内において、審判請求の分野のいずれかについて登録商標が使用されたこと、又は不使用に係る正当理由( 天災地変や法令上の制限等) があること、のいずれかを被請求者( 即ち、商標権者) が証明しなければ、商標登録が取り消されます( 審判請求登録日に消滅)。登録商標の使用は、使用許諾を受けた使用権者の使用でもかまいません。

従いまして、貴方が、継続して3 年以上日本国内において登録商標を使用していないのであれば、他人が審判を特許庁に請求すると、商標登録を取り消される可能性があります。また、貴方は高値の買取を希望しておられますが、貴方の商標権の譲渡希望者はこの審判制度を利用して安値で譲渡交渉をまとめることができます。貴方が審判請求されることを知った後、審判請求前三月から審判請求登録日までに登録商標を使用しても、原則的にはその使用によって取消を免れることはできません。このため譲渡希望者が「今後の譲渡交渉が不成立の場合には審判請求する」旨の内容証明郵便( 貴方が知ったことを確実に証明可能) 等を貴方に送れば、その後、取消を免れるため貴方が登録商標を使用しても、それから3 月以内の審判請求によって取り消されます。譲渡希望者は、審判請求による圧力をかけつつ貴方と交渉ができますので、貴方は、取消されるよりは安値でも譲渡する方を選ぶことになるかも知れません。

特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2012年4.9号 19ページ

PAGETOP