WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[オフィス] HPで経営姿勢を売り込め

Q 有効な販促手段となるホームページ(HP)作成のポイントは何ですか。

 HP間の競合に対しレベル向上を

A HPとはお店で言うと売り場です。どんなに良い立地でも売り場が悪ければ売れません。一番大切なことはHPの内容とも言えます。何が書いてあるか?他社と何が違うのか?という部分です。デザインではありません。

 残念ながら、多くの中小企業でウチは特許技術があるとか、特許商品があるというケースは稀でしょう。でもそういう場合でもちゃんと方法はあります。それは「商品を売るな、人を売れ」ということです。具体的には、社長の顔写真を出す、お客様の写真を許可を得て掲載する。また、自社の考え方を伝えるということになります。所在地、営業時間、営業地域や営業方針、営業姿勢などいろいろあると思います。あいさつを大事にしている、現場の掃除を欠かさない、整理整頓を徹底しているなど、何でもいいのです。お客に対して姿勢を示すことができれば。

 中小企業のHPは、対面販売のような意識で作成しなければダメです。こちらからお客の方へ近づいていく。会社概要や建前のあいさつを載せても、御社を選ぶ理由にはなりません。「私はこう思う。賛同してもらえるお客さんはお問い合わせください」というように、自分の思いを訴える必要があります。その上で、アクセス対策やSEO、PPC広告といった集客手法が生きてくるのです。肝心要のHPがつまらないモノでは、いくらアクセスを集めても成約率は中々上がらないでしょう。ただ、販促手法はどうでもいいということではありませんので、誤解のないように。

 売り上げはキーワード×HPの出来×アクセス数で決まります。掛け算ですので1つの要素が悪いと全体に影響します。HPの数が爆発的に増え、検索する側のスキルもアップしています。HPを有効な販促手段にしたいなら、自分でとことん勉強するか、信頼できる専門家のアドバイスをもらうかどちらかしかありません。カネは出したくない、手間も掛けたくないではモノにできません。店舗を出したり、事務所を構えたり、設備を導入する必要がない分、HPは普通のビジネスに比べ競争が格段に厳しいからです。

 新プロジェクト始動で本誌の執筆はしらばくお休みさせていただきます。今までありがとうございました。興味をお持ちの方はブログ(下記アドレス)をご覧ください。


高収益ホームページ研究会代表
斎藤元有輝氏
倉敷市児島駅前1-22-3
http://ameblo.jp/123hp/

本誌:2011年3.21号 25ページ

PAGETOP