WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[保険] 公的介護保険

Q.第2号被保険者(40~64歳)の人は、どういう場合に公的介護保険のサービスを受けられるのですか。また、一度認定された要介護度の区分は、変更することができないのでしょうか。

要介護度の変更は可能

A.老化に起因する下記の16種類の疾病によって、要介護状態になった場合に限ります。なお、第1号被保険者(65歳以上)の人は、要介護状態になった原因を問わず公的介護保険のサービスを受けることができます。
 
 要介護認定の有効期間は、原則として12カ月(初回認定の有効期間は6カ月)です。しかし、お年寄りや病気をもった人の心身の状態は安定していることが少なく、時には急変する場合も考えられます。このような急な変化があった場合には有効期間内であっても要介護度の変更を申請できます。なお、「自立」と判断された後に介護が必要となった場合においても再申請できます。

 また、要介護認定の結果に不服がある場合は、まず市町村の窓口に申し立てをします。その結果にも不服がある場合には、認定の通知を受けた日の翌日から60日以内に都道府県の「介護保険審査会」に審査請求することができます。介護保険審査会の決定にも納得できない場合には、行政訴訟によって、最終的な判断を仰ぐことになります。

【16種類の疾病】
●初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症など)
●脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
●関節リウマチ
●骨折を伴う骨粗鬆症
●進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
●筋萎縮性側索硬化症
●脊髄小脳変性症
●早老症(ウェルナー症候群など)
●多系統萎縮症(シャイ・ドレーガー症候群など)
●脊柱管狭窄症
●糖尿病性神経障害、糖尿病性賢症および糖尿病性網膜症
●閉塞性動脈硬化症
●後縦靱帯骨化症
●慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎など)
●両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
●末期がん(自宅療養中で、小児がんなどを除く)

岡山県生命保険協会
岡山市北区駅前町1-9-15明治安田生命岡山ビル6F

本誌:2010年2.15号 25ページ

PAGETOP