WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[生保] 医療保険を選ぶポイント

Q.医療保険に加入したいのですが、選ぶポイントを教えてください。

保険期間、払込期間などさまざま

A.保険期間や保険料払込期間、何日目から入院給付金が給付されるかなどよく検討して選ぶことが大切です。
医療保険は、医療に対する保障を主な目的とし、主契約として単独で加入できる保険です。病気やけがで入院したり、所定の手術を受けたときに給付金が受け取れます。医療に対する保障を主な目的としているため死亡保険金は一般的に少額で、死亡保険金が無いタイプもあります。

ポイント1 保険期間と保険料払込期間を決める
●定期タイプ
 <更新型> 5年、10年などの満期で更新していくタイプ。保険会社の定める年齢まで更新できます。80~90歳が一般的。
 <全期型> 契約当初に定めた年齢まで保障されます。60~80歳が多い。
●終身タイプ
 一生涯保障が続くタイプ。保険料の支払いは、払込期間が60歳までなどと決まっている「有期払」と一生涯支払う「終身払」があります。

ポイント2 入院何日目から支払われるかを決める
給付金の主なタイプ
●1泊2日型…病気やけがで継続して2日以上入院したとき、1日目から給付されます。日帰り入院でも給付される商品もあります。
●5日型(4日間は支払い対象外)…病気やけがで5日以上継続して入院したとき5日目から給付されます。
●8日型…けがで通算して5日以上、病気で継続して8日以上入院したときに1日目から給付されます。

ポイント3 支払限度日数と通算限度日数を決める
●支払限度日数…1日当たり最大何日まで保障されるかという限度日数のことです。60日、120日、180日、360日、730日、1000日、1095日の限度などがあり、日数が少ないほど保険料は安くなります。
●通算支払限度日数…保険期間を通じての疾病入院給付金・災害入院給付金ごとの支払限度日数のことです。700日、730日、1000日、1095日限度などがあります。

ポイント4 上記以外の検討事項
●特約を付加するのか…成人病(生活習慣病)入院特約、女性疾病入院特約、がん入院特約、通院特約など
●解約返戻金の有無(終身タイプの場合)…解約返戻金無タイプなど
●死亡保険金の有無…死亡保険金無タイプ

本誌:2008年6.23号 24ページ

PAGETOP