WEB VISION OKAYAMA

連載記事

電子マネー

 よく立ち寄るコンビニが電子マネーのキャンペーンをしていて、私も携帯電話に電子マネーソフトをダウンロードしてみました。

 ほんとうに携帯で買い物ができるのか?という一抹の不安を感じながら、まずは1000円チャージ。試しに缶コーヒーとキャットフードを購入してみました。

 カードリーダーに携帯をかざすと「チャリーン」という音がして支払い完了。現金の受け渡しがないのは便利な上、ポイントが付くので実質1%引き、何だかお得感があります!

 今まで、空港で若いサラリーマンが携帯ひとつですいすいチェックインしているのを横目で見ながら、ああいうものが使えない自分にコンプレックスを感じていたのがひとつ解消しました。

 さっそく“おサイフケータイ(DoCoMo)”デビューをいきつけの喫茶店のマドモアゼルに自慢したところ、「それで、何を買ったの?」とのご質問。

 「猫の餌」-。すると「コンビニで割高なペットフードなんか買っちゃだめ。スーパーの特売日に買わなきゃ」とのご指導がありました。

 確かに便利な電子マネーですが、サービス業による客の囲い込みが主目的で、汎用性は極めて限定的。これでは、かつてのプリペイドカードといっしょです。

 しかし、せっかくの技術です。政府も役に立たない住基カードをごり押しするよりも、国策電子マネーを発行してくれたら、それこそ21世紀の通貨として十分認知され、もはやスーパーのレジでがま口から小銭をゆっくり探しているおばちゃんにイラつくこともなくなると思うのですが…

本誌:2008年3.17号 14ページ

PAGETOP