WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[制度] 中小企業子育て支援助成金制度

Q 中小企業子育て支援助成金制度って何ですか?

初の育児休業取得者が出たら100万円支給

A 中小企業子育て助成金とは、一定の要件を備えた育児休業、短時間勤務制度を実施する中小企業事業主 (従業員100人以下) に対して、育児休業取得者、短時間勤務制度の適用者が初めて出た場合に助成金を支給し、もって中小企業における育児休業、短時間勤務制度の取得促進を図ることを目的としています。助成金額は2人目までについて、1人つき最高100万円です。助成金の支給期間は平成22年までです。また、受給できる事業主は、次のいずれにも該当する事業主です。

1常時雇用する労働者数が100人以下の事業主であること。

2次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定し、その旨を都道府県労働局に届出ていること。

3育児休業取得に係る支給申請の場合は、労働協約又は就業規則に育児休業について、短時間勤務適用に係る支給申請の場合には労働協約又は就業規則に短時間勤務制度について規定していること。

4当該企業において平成18年4月1日以降、初めての「育児休業取得者」又は「短時間勤務適用者」が出たこと。
5対象となる労働者は、以下の (1) 又は (2) の要件を満たしているものであること。

(1)対象となる育児休業取得者

平成18年4月1日以降、6か月以上の育児休業(労働者に産後休業をした期間があり、かつ、産後休業の終了後引き続き育児休業をした場合には、産後休業を含め6か月以上。以下同じ。)を取得し、職場復帰後6か月以上継続して雇用されていること。

(2)対象となる短時間勤務適用者

平成18年4月1日以降の開始で、3歳未満の子について6か月以上一定の育児短時間勤務制度を利用したこと。

6対象となる育児休業取得者を子の出生の日まで、雇用保険の被保険者として1年以上継続して雇用していたこと。
但し、対象となる短時間勤務適用者については、短時間勤務適用開始まで、雇用保険の一般被保険者として1年以上継続して雇用していた。

詳しくは(財)21世紀職業財団若しくは双田事務所へ。

双田社会保険労務士事務所所長
双田 直氏
岡山市野田4-1-7
TEL086-246-6064

本誌:2007年新年号 63ページ

PAGETOP