WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[オフィス] 検索エンジンに上位表示する方法

Q ホームページを開設したのですが、アクセス数が少ないのです。もっと見てもらう方法はありますか。

 売れるキーワードで

A ホームページを作ったものの、アクセスがない、問い合わせがない、売れないという話をよく耳にする。ヤフー、グーグルで最低でも3ページ以内、さらに1ページ目に表示されればベストである。昨今、検索エンジンに上位表示する対策でSEOという手法が注目されている。最近では検索エンジン広告を組み合わせSEMと呼ばれている。

 ところが、何でも上位表示させればいい、というものではない。販売する側が考える言葉と客が考え検索する言葉が一致していないことが多いからだ。せっかく上位表示させても、肝心の問い合わせや注文がなければ意味がない。

 最近、検索エンジンに上位表示できると高額な料金を請求するSEO業者がある。もちろん、優良な会社もあるのだが、中にはそうではない会社もある。その会社のレベルをカンタンに見分ける方法があるので、お伝えしたい。

 まず、その会社のページランクを調べること。サイトへのアクセス数とページランクは必ずしも一致しないが、1つの目安にはなる。そして、もしページランクという言葉さえ知らない業者であれば、論外である。

 次に、その業者が、○○という検索ワードで何番になったという根拠に対し、実際にその言葉で検索してみる。これは順位の確認のためではない。その検索ワードで広告が表示されているかどうか、それが問題である。広告が表示されていれば売れるキーワードであり、検索エンジンの上位表示対策も真剣だ。そんな環境で上位表示されるなら、非常に有効と言える。上位表示されましたと業者が胸を張っていうそのワードで広告が1件もない場合、そのワードでは売れないと考えてまず間違いない。

 他社が何の意識もせず何の手も打っていないキーワードで上位表示されたとしても、あまり意味がない。競合がない分野は消費者からの需要もなく魅力もない分野。このことを知らないと貴重な資金をドブに捨てることになる。

 ネットビジネスに関するご相談は下記まで。その際、必ず、Vision岡山の読者である旨、ご記入ください。
 斎藤謙次 ken@ajien.jp


(株)サイトウジムキ社長
斉藤謙次氏
倉敷市児島駅前1-22-3
TEL086-474-2700

本誌:2006年7.17号 39ページ

PAGETOP