WEB VISION OKAYAMA

連載記事

「オフィス」 ブログの次はツールSNS

Qブログが普及しましたが、増えすぎて中々アクセスしてもらえない、掲示板が荒らされる―などの問題も出てきています。ブログに替わる何か良いツールはありますか。

お客が口コミしてくれ販売促進

A ブログの開設がホリエモン効果もあってか急速に増えた。その結果、単にブログを開設しただけでは、中々アクセスが増えなくなっている。また、ビジネスにもつながらないという話を耳にする。普通の人が書いた日記ではアクセスも集まりにくい。芸能人やスポーツ選手、有名企業の社長などネームバリューがある場合は別として、よほど文章力があるか、クラブに勤める女性の暴露話のようなものでなければ注目されない。また、匿名での書き込みが可能なため、ブログの掲示板が荒らされるケースも出ている。

 そんな中で何かブログ以外にいいツールはないのか?ということで注目されているのがSNSだ。ソーシャルネットワーキングサービスの略で、グリー(www.gree.jp)やミクシィ(http://mixi.jp/)が有名だ。

 ブログとの違いは、SNSは招待されないと入れない点。ブログは勝手に始めることができるが、SNSは誰か自分の知り合いからの招待が必要だ。ブログは完全にオープンだが、SNSはやや閉じている。紹介者をワンクッション入れることで信頼性がアップする。またブログよりも顔写真を掲載しているケースも多く、親しみやすい。自分の友人の友人にはどんな人がいるのかを確認することもできる。

 進んだケースでは、ネットショップが自社専用のSNSを立ち上げ、お客同士の口コミが広がっているという。売り手が、この商品はいいですよ、といくら言っても、所詮売り手なのだから、お客の心にどこまで届くかは未知数だ。ところが、お客がお客にこの商品いいよ、と口コミで紹介してくれるのであれば、その影響力は格段に高まる。ネット通販の先駆者であるワイナリー和泉屋のSNS(http://ecmix.wizumiya.co.jp/)では、すでに実績が上がっていると聞く。自社でSNSを構築するためのASPサービス(http://www.ecmix.net/)もある。

 ネットの世界ではリアルの世界よりも数段早く、新しい技術や新しいサービスが登場する。変化が激しいということは、それだけチャンスもあるということだ。昔のようにタダ同然ではないが、実店舗に比べれば、はるかに安い投資で勝負できる。熱意と行動力さえあれば、成功の余地はある。


(株)サイトウジムキ社長
斎藤謙次 氏
倉敷市児島駅前1-22-3
TEL086-474-2700

本誌:2005年7.21号 51ページ

PAGETOP