WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[知的財産]

アイディアの売り込み

 Q 私はたこ焼きの移動販売を行っており、先日、調理が可能な移動販売車の構造に関し、素晴らしいアイディアが浮かびました。このアイディアを用いた移動販売車を製造販売するような事業を自分で行うつもりはありませんので、このアイディアを企業に売り込みたいのですが…。

 A ご相談の移動販売車の構造に関するアイディアは、技術的なアイディアとして発明や考案に該当し、それに関して特許権や実用新案権(特許権等)を取得することができる可能性があります。素晴らしいアイディアを考えつくと、早く企業等に売り込みたいために、アイディアの内容をすぐに企業等に連絡する方がいらっしゃいます。しかし、そのアイディアに関して秘密を保持する義務がない企業等に知らせると、そのアイディアは新しいものではなくなり(新規性喪失)、特許権等を取得できなくなることがあります(一定の条件を満たせば、新規性喪失の例外規定適用を受けることで救済される場合もあります。)。

 このため特許権等の取得をご希望であれば、原則として、アイディアを企業等に連絡する前に、その企業等と秘密保持契約を締結するか、又は特許出願等を完了しておくようにしてください。なお、特許出願等したアイディアをさらに改良や変更等する可能性がある場合は、秘密保持契約を併用すべき場合もあります。例えば、特許出願が出願公開される前、改良等した発明を特許出願等する際、秘密保持契約を結ぶことなく企業等にアイディアを連絡していれば、その連絡した行為により改良等発明の新規性や進歩性が否定される可能性があります。

 アイディアを企業等に連絡し色好い返事があれば、対価を含め今後のことを話し合うことになります。大まかには、特許出願等や特許権等を企業に譲渡するか、特許出願等や特許権等はご自身で保有したまま企業にアイディアの実施を許諾(ライセンス)するか、ということになります。このときこのアイディアを用いた移動販売車を、その後もご自身のたこ焼きの移動販売に使用したいのであれば、特許出願等や特許権等を企業に譲渡する場合(この場合はこの企業の独占権になり、そのままではご自身が実施できません。)には、その企業からご自身に実施許諾してもらい、そしてライセンスする場合であればそれを可能にするような契約内容にするようご注意ください。

本誌:2020年9月14日号 18ページ

PAGETOP