WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[知的財産]

新元号の商標登録

 Q 新発売の「饅頭」に付ける商標を、新元号「令和」を含む「令和饅頭」にしようかと思っています。この商標「令和饅頭」を他人が使用することを禁止するため商標登録しようと考えていますが…。

 A いよいよ「令和」が始まり、「令和」に関する商標のご相談をいただくことが増えました。

 さて、元号は、会社の創立時期、商品の製造時期、役務の提供の時期を表示するものとして一般的に用いられるものですので、商標が元号(現元号か旧元号かを問わない)として認識されるにすぎない場合には、商品及び役務(以下「商品等」)の識別力がないものと考えられます。この商品等の識別力とは、商標が商品等に使用されることで、その商品等を誰が提供したかを認識させる商標の力のことで、これを欠く商標は登録されません。例えば、スーパーマーケットに複数の饅頭が並べてあって、そのうち幾つかの饅頭の包装に「粒あん」と表示されていても、「この饅頭には粒あんが入っているんだ。」と思うだけで、「粒あん」が表示された饅頭同士が同じ者が製造したとは思いません。つまり饅頭に関して「粒あん」は識別力がなく、商標登録されないということです。

 このように元号は商品等識別力を欠き、商標登録されないのですが、これに他の識別力のない文字等(例えば、商品等の普通名称)を組み合わせた商標についても、原則的には識別力がないものとして登録されません。このため、お考えの「令和饅頭」についても商標登録されないものと考えられます。但し、「令和饅頭」を特徴的な字体で記載したり、「令和饅頭」と特徴的な図形とを一緒にすることで、識別力を発揮するようにすれば登録の可能性はありますが、特徴的な字体や図形の印象により登録されるのですから、他者が、通常の文字で記載した「令和饅頭」を使用することを抑えることはできません。また、特定の商品等について大規模に使用され識別力を獲得した場合は商標登録を受けることができる場合があります。

 以上の通り、通常の文字で記載した商標「令和饅頭」は商品「饅頭」に関して商標登録できないものと考えられ、このため「令和饅頭」を他人が使用することを禁止することは難しいものと思われます。

本誌:2019年5月20日号 34ページ

PAGETOP