WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[経営]バランス・スコアカ-ドの活用~その1

Q 明確な目標と行動計画を社内に浸透させ活性化させる経営管理手法としてバランス・スコアカ-ド(以下BSC)が有効と聞きましたが内容を教えて下さい。

BSC活用で戦略経営を実現

A 1.BSCとは:1992年にハ-バ-ドビジネススク-ルのキャプラン教授と経営コンサルタントのノ-トン氏が共同提唱した新しい経営管理システムです。

2.BSCの特徴:

①BSCの内容。従来の財務目標達成度だけの業績評価価ではなく、「財務」、「顧客」、「社内ビジネスプロセス」、「学習と成長」の4つの視点で目標設定しその達成度を業績評価とする経営管理手法で、継続的な目標達成の仕組みです。
ⅰ)例えば「財務の視点」の目標を売上拡大とした場合、これを実現する「顧客の視点」の目標を顧客満足度の向上及びシェアアップとします。ⅱ)同時に顧客満足度を高めるため「社内ビジネスプロセスの視点」の目標を希望時間に納品及び納期短縮とします。ⅲ)次にこれら「顧客の視点」と「社内ビジネスプロセスの視点」の目標達成のため、「学習と成長の視点」の目標設定を在庫総合管理システムの導入や分析手法の習得、顧客ホスピタリティ-の向上等とします。ⅳ)BSCでは目標の相互関連性に配慮して4つの視点から目標設定を行います。(図表1)

②業績評価指標と基準値の決定。
BSCでは目標達成度を明確にするため、業績評価指標の基準値を決定して運用します。(図表2)

③戦略マップと一体運用。
企業の最終目的を達成するための4つの視点に対する業績評価指標と目標との相互の関連性を図表化したものが「戦略マップ」で、企業の戦略体系を立体的にわかり易く表現し、全社員の具体的取り組みを引き出すため、BSCとともに有用な経営管理手法です。(以降は次回で)


税理士法人石井会計
統括代表社員
石井 栄一氏
岡山市南区新保1107-2
TEL.086-201-1211

本誌:2017年11.13号 21ページ

PAGETOP