WEB VISION OKAYAMA

連載記事

男性の振る舞い

「いつも私の事を書いているのかと思うよ」と、貴方様からお褒めの言葉を頂き、大変嬉しく思います。数々の励ましのお言葉有難うございます。

食事中のマナーについては、皆さまお気をつけ頂いているご様子。この度は、会合、講演、食事などにおいても注目を受けている貴方様のふとしたしぐさについて、紹介させて頂きます。

何気ない貴方様のしぐさも、お立場ある貴方様がなさっていると目立つのです。貴方様は直接ご存じのないお方かもしれませんが、皆さま方は、貴方様に直接話しかけることなく、貴方様の印象を、貴方様のしぐさにより決めてしまうこともあります。

私が申し上げるまでもなく、貴方様の振る舞いは、貴方様の関わる“会社”や“組織”のイメージとなることが多いにあることでしょう。

①ハンカチ編
食事中はテーブルナプキンを優先。素敵なハンカチであっても使用しない。(素敵な貴方様におかれましては、綺麗にアイロンのかかった素敵な生地のハンカチをお持ちでいらっしゃることと思います。しかしテーブルマナーの一環としてお気を付け頂きたいのは、用意してあるテーブルナプキンを使用することを優先して下さい。用意してある物を使わない行為は、用意してある物を使用することができない(口につけることができず不潔な物である)とのジェスチャーになると言われています。

②バッグ編
どんなに高級なバッグであってもテーブルの上に置かない。食事のマナーにおいて、バッグをテーブルの上に置くのはマナー違反と言われています。会食の場だけでなく、会議のテーブルに置いても同じようにお気をつけ下さい。たまに見かけることがありますが、「はっ」とする行動です。お立場ある貴方様へ、その場で私のような若輩者がお声をかけるわけにはいきません。そっとお声をかけるとしても貴方様に大変失礼で致しかねます。
どうぞ、今回を機に、どのような設定のテーブルに置いても、バッグをお置きになりませんように。お願い致します。 
では何処に置くんだ?との質問を聞こえてまいりそうです。⑤の座り方に気を付ければ、椅子の後ろに問題なく置くことができます。

③目を閉じない 
人の話が始まると必ず目を閉じて集中して聞く癖がある。どうやら、目を閉じると大変集中して人の話が聞ける。との主張がおありのようですが、目を閉じて聞いている=人の話を聞かず寝ている。との印象を周囲の方々に与えているのです。
講演者を依頼したお方の悩みの種として、耳にすることがあるのが、講演中に寝ている人がいて、講演者に大変申し訳なく、面子丸つぶれだ。との内容です。授業中に居眠りをしている坊やにならば注意ができるのですが、お立場ある貴方様に直接注意をすることはできません。
なんとも悩みの種の貴方様なのです。

④講演を聞く時も足を組むことがある
女性も同様ではありますが、もしや脚を組む癖がある貴方様。本紙をご覧頂いている今ももしや脚を組んでいらっしゃるならば、ついつい人前においても癖が出るものです。どうぞ、お行儀良く・・・。

⑤椅子の座り方編 
背もたれはもたれるためにあると思っている。ご多忙な日々をお過ごしでいらっしゃる貴方様におかれましては、さぞかしお疲れのことと存じますが、どうぞ背もたれにもたれる場所を気にかけてみて下さい。ご多忙の貴方様が出席なさっていることは大変有難いことです。しかしながら、周囲の方々から“ふてぶてしい態度”と思われるようでは残念です。

③④⑤の振る舞いが揃えば、それはそれは傲慢な印象を与えること間違いなしですね。
 
⑥食事中にお食事の膝の向きが斜めに向いている 
テーブルの方を真っ直ぐ向く方向にお膝を向けるようにして下さい。正面にお食事のお相手がいらっしゃる時、丸テーブルの時も同様、貴方様のお膝が真っ直ぐ向いていない事で、そっぽを向かれている。と心配をかけることがあります。そんな些細なことで?とお思いになった貴方様。貴方様がお思いでいらっしゃる以上に、貴方様の顔色(ご機嫌)を皆さま、大切にして下さっているのですよ。

上記内容を、「勝手に思いたい人は思えば良い」とのお考えの男性と、貴方様のように、私のような若輩者のちょっとした指摘も、真摯に受け入れ、楽しい会話の一部にできるお方。どちらの男性が、女性にもてるのでしょうか? 

じゅうぶん、おもてになっていらっしゃる貴方様には問題ない話題かもしれませんが、私事で恐縮ではありますが、私は後者の男性が好きです。

河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2015年4.20号 19ページ

PAGETOP