WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[知的財産] 有名ブランド名を店名に使用

お好み焼き店のよい店名が思いつきません。私の好きな洋服の有名ブランド名は、飲食店関係では商標登録していないようですし、まさか私のお好み焼き店がその有名ブランドと関係あると間違える人もいないでしょうから、このブランド名を店名としても大丈夫ですよね。

不正競争行為に該当

商標や商号のように他人の業務に係る商品や営業であることを示す表示である商品等表示のうち著名( 全国で世間一般に知られている) なものと同一又は類似のものを使用することは不正競争に該当します( 不正競争防止法第2 条第1 項第2 号、以下「2号」)。前回ご説明した同項第1号( 以下「1 号」) は、周知な他人の商品等表示と同一又は類似のものを使用することで、自分と他人の営業等をお客様が混同するような行為は不正競争であることを規定しています。つまり商品等表示が周知( 1 号) よりも有名な著名( 2 号) になると、周知レベルでは要求されるお客様の混同の有無は問わず、その著名な商品等表示と同一又は類似の商品等表示を他人が使用することは不正競争に該当し禁止( 例えば、差止や損害賠償を請求) されます。著名な商品等表示の使用についてはお客様の混同がなくても不正競争とする理由は、著名な商品等表示であればたとえ混同が生じない使用であっても、著名商品等表示が有する顧客吸引力へのただ乗り( フリーライド)、ブランドイメージの汚染( ポリューション)、そしてブランドイメージの希釈( ダイリューション) 等を防止する必要があるからです。

例えば、有名遊園地の名称をラブホテルの名称として使用すれば、遊園地の楽しいイメージによりホテルの利用者が増加( ただ乗り) しますが、それにより有名遊園地のブランドイメージが汚染されると共にその名称と遊園地とのブランドイメージを希釈してしまいます。お好きな洋服の有名ブランド名( 商標) は、全国的によく知られた著名な商品等表示に該当するでしょうから、それを貴方のお好み焼き店の店名( 商標) として使用することは、たとえ貴店がその有名ブランドと何らか関係があると混同されなくても、2 号にいう不正競争に該当し禁止されます。このように他人の商標権侵害を生じなくても不正競争行為として問題になりますので、別の良い店名を考えてください。

笠原特許商標事務所
弁理士・所長
笠原 英俊氏
岡山市北区野田2-7-12
TEL086-245-0440

本誌:2013年5.20号 27ページ

PAGETOP