WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[経営] 育児支援助成金

Q:育児休業中の従業員がいますが、何か良い助成金はありませんか。

A:助成金を活用しましょう

子育て期短時間勤務支援助成金と中小企業両立支援助成金(3コース)があり、申請先はいずれも労働局雇用均等室です。

1.子育て期短時間勤務支援助成金:(概要)小学校就学前までの子等を養育する従業員が利用できる短時間勤務制度を設け、利用者が出た事業主に対する助成制度です。(受給金額)①従業員100人以下の事業主:最初の支給対象者:40万円、2人目以降:15万円。(1事業主当たり延5人まで。)②従業員101人以上の事業主:最初の支給対象者:30万円、2人目以降:10万円。(1事業主当たり延10人まで。)(申請期限)短時間勤務制度を6カ月以上利用した日の翌日から1カ月経過した日の翌日から3カ月以内。

2.中小企業両立支援助成金

従業員300人以下((3)のコースは100人以下)の中小企業のための助成制度です。

(1)代替要員確保コース:(概要)育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業取得者を原職等に復帰させた事業主に対する助成制度です。(受給金額)育児休業取得者1人当たり15万円。(年度において1事業主当たり延10人まで。)(申請期限)育児休業取得者の原職等復帰日から6カ月を経過した日の翌日から3カ月以内。

(2)休業中能力アップコース:(概要)育児又は介護休業取得者の円滑な職場復帰を目的とした能力の開発・向上に関するプログラムを実施した事業主等に対する助成制度です。(受給金額)支給対象者1人当たり上限21万円です。(年度において1事業主当たり育児・介護それぞれ延20人まで。)(申請期限)育児・介護休業終了日の翌日から1カ月を経過した日の翌日から3カ月以内。

(3)継続就業支援コース:(概要)育児休業取得者を原職等に復帰させ、育児休業制度等を利用しやすい環境整備のための研修等を実施した事業主に対する助成制度です。(受給金額)最初の支給対象者:40万円、2人目以降:15万円。(1事業主当たり延5人まで。)(申請期限)育児休業取得者の原職等復帰日等から1年を経過した日の翌日から3カ月以内。

税理士法人石井会計代表
石井栄一氏
岡山市南区新保1107-2
TEL086-201- 1211

本誌:2013年2.11号 33ページ

PAGETOP