WEB VISION OKAYAMA

連載記事

贈答のマナー

これからは“暑中見舞い”、立秋過ぎると“残暑見舞い”に

時節柄、夏のあいさつを兼ねた贈り物も増えてくることと思います。今回は、贈答の基本マナーについて確認しましょう。

中元の時期は、7月上旬から7月15日頃とされています。都合によりその期間を過ぎる場合は、暑中お見舞い。さらに過ぎる8月15日以降の場合は、残暑お見舞いと表書きを書き換えるようにしましょう。


マナーの観点から申しますと、贈り物をする時には相手の気持ちになって贈り物選びをします。オフィスに贈る時には、職場で分けられるように、あらかじめ切り分けされている小袋包装になっている食べ物や、オフィスで通常使用なさっている必需品である飲み物を日頃から気にかけておきます。包丁で切り分けるなどの手間がいらないみなさんに平等に分配できる品物を選ぶのもオフィスに贈る場合は心配りの1つとして考えられます。手土産に関しては、先方の近所で購入した品物よりは、ご自身の近所で購入した品物の方が、来社するついでに用意したイメージでなく、前もって準備をした印象を与え好感が持てます。社長である貴方に対して、その美味しさを是非味わって頂きたい思いを込めた物や
特別に取り寄せた物、貴方の好みを充分調べ配慮した品物などが考えられます。

時節柄、贈り物を受け取ることも多く、多忙な貴方は貴方宛てに送られてきた品物に関しても、社員の方に包装を開けることや、礼状の作成を依頼なさることがおありかもしれません。また、その品物に関して貴方の思いやりにより、社員の方々に差し上げる事もあるでしょう。そのような時に、社員の方作成のお礼状がこのようになっていてはいかがでしょうか?「社長代理の○○と申します。この度は、結構なお品を有難うございます。みんなで美味しく頂戴いたします。社長に代わりましてお礼申し上げます。」貴方様宛に送られてきた品物ですので、代理人作成の礼状においても貴方がありがたく頂戴する旨の文章にすべきなのは、私が言わずとも皆さん御承知のことと思います。多忙の貴方様は、社員のお手紙内容のチェックまではなさっていらっしゃらないのでは?是非ご確認下さい。

沢山の贈答品を粗末にすることなく、社員の方々に差し上げるのは多いに結構なことだと思います。しかし、相手の気持ちに配慮したお礼の伝え方はとても大切だと思います。
このようなメールが届きショックを受けた話を複数耳にしたことがあります。貴方の会社のマナーの常識について問われる内容です。

また、立場や職種によっては贈り物を受け取る事ができない方もいらっしゃるでしょう。その場合も相手の心を傷つける行為は控えたいものです。配達時に、配達員の人に伝え持ち帰ってもらうと、「受け取り拒否」と記載され、活字だけ見ると冷たく突き離した印象を与えかねません。丁重なお断りの文面を用意なさってはいかがでしょうか。文面は露出したまま貼り付ける方法は避け、封筒に入れる配慮をして下さい。多忙な貴方が社員に依頼なさっている場合、相手にわかりやすい方が良いとの逆の発想により、大きくメッセージを貼り付けていないか、どうぞ確認下さい。

その場で返送しなければならない状況以外は、いったん受け取り、そのまま包みを開けずに、上からもう一度包装紙で包み、内側に丁重なお手紙を添えて返送する方がより丁寧さが伝わります。暑い日が続く季節です。末筆には相手の身体を気遣う優しい言葉を添えることをお勧めします。今回の内容に限らず、貴方が“まさか?”とお思いになっている事が行われている伝達の方法は、意外と多く見受ける事があります。レッスン時の例題として使用できるほどに多いのが実状です。

上記の内容は、貴方の中では、常識の範囲内であることでしょう。ぜひ社内全員に常識であるように、確認ください。


河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2010年7.19号 27ページ

PAGETOP