WEB VISION OKAYAMA

連載記事

名刺交換

食事会に名刺交換は必要か

 先日、30歳代の女性Nさんが大変お困りの様子でレッスンにおこしになりました。「名刺交換」についての悩みでした。
 ある方に誘われてのプライベートな食事会に出席なさったとのこと。参加人数は10人程度だったようです。いつもの仕事の関係者との緊迫感のあるお食事会でもなく、友人同士の食事会にとお誘いを受けたとのことです。
 そこにいらした60歳代の女性に、食事会の前に声をかけたところ、他の親しい方とすぐにお話しをしたいご様子で、Nさんはご自身のお名前を伝え、「本日お世話になります。よろしくお願いいたします」程度のあいさつに終わらせることにしたそうです。その食事会には女性はNさんとその女性のみ、他は年配の男性ということもあり、今回の食事会ではなるべく60歳代の女性に華を持たせてさしあげるべきだと心がけようと思われたそうです。Nさんは一番端の席で静かに過ごすことを選んだそうです。
 どなたからも目をひく、素敵な女性のNさん。Nさんから話しかけなくとも、他の年配の男性はNさんに色々な質問をしてくださったとのことでした。
 次の日の朝、Nさんは昨日の食事会の主催者から電話をいただいたそうです。「昨日の60歳代の女性か、Nさんに対して目下の者から名刺を出すべきなのに、名刺をくれないなんて失礼だ」と、主催者におっしゃってきたそうです。Nさんは、すぐに60歳代の女性の会社にお断りに伺うことにされたとのことでした。

名刺交換のマナー

●確かに、名刺交換をする時には、目下の者から目上の方に名刺交換を。とのビジネスマナー上の決まりごとはあります。ですが、あくまでも基本中の基本であり、プライベートな食事会において参加者に仕事上の名刺を食事中に皆さんに配って歩くことは、これもまたマナー違反となります。

●どうしても名刺交換をしたい場合にはきちんと、主催者の許可を得て行うべき。とも言われております。


●何よりも、個人のマナー違反を指摘することが一番してはいけないことです。

●男性が大半を占める食事会に、女性は数名いらっしゃる時には、どの女性にも男性の皆さまは、平等に話しかけてあげることをお願いいたします。話しかけやすい女性とばかり、または若年者をかわいがってあげようと、良かれと思いなさったその行動は、先輩女性からのやっかみを買い、逆にかわいそうな仕打ちに会った女性のお話をよく聞きます。新入社員などとの新しい出会いの多いこの季節、男性の皆さま、特に女性には年齢に関わらず、すべて平等な量だけの話しかけを心がけてください。

●目下の者からの名刺交換が原則であったとしても、あなたのような経験豊富な目上の方と、名刺交換をしてもらえるなんて、夢にも思わず遠慮をなさっている新入社員もたくさんいらっしゃると思います。どうぞ、あなたから笑顔でお先に名刺交換をなさってあげてください。マナーは、個人のマナー違反を指摘しない、相手を思いやることが一番だといわれております。あなたのやさしさがきっと、若い方の励みになり感謝され、あなたのような社員が増え続けていくと、益々楽しいことが起こり得るのではないでしょうか。

河村まどか
礼儀作法教室ドルチェ・フィニッシングスクールを主宰。岡山、山口に教室を持つほか、企業研修など全国で出張レッスンを開催。ホームページはhttp://dolce-fs.net メールアドレスはinfo@dolce-fs.net

本誌:2010年GW特別号 33ページ

PAGETOP