WEB VISION OKAYAMA

連載記事

国保改革私案

 国民皆保険制度のないアメリカでは医療を受けられない人が6000万人もいるとか。医学のレベルは世界一でも、国全体の医療レベルはとても先進国とはいえません。

 それに比べ日本はだれでも最高の医療を受けられる幸せな国だと信じてきたのに、ここに来て急に雲行きが怪しくなってきました。とりわけ不評をかっているのが後期高齢者医療制度ですが、若者でも国民皆保険の網からもれている人が激増していて、私の知り合いの病院長も入院費を払わず夜逃げしてしまう輩に頭を悩ましています。

 そもそも国民健康保険は無収入の人からも保険料を情け容赦なく取り立てることになっていて、これは同じ公租公課でも所得税の場合、一定額以下の年収に対しては非課税措置がとられているのとずいぶん趣が違います。

 一方、所得税の上限は青天井なのに国保の最高額はせいぜい数十万円。つまり低所得者に非常に厳しい負担を求める半面、高額所得層にとって国保保険料は限定的です。

 そこで私からの提案です。

 1.国保、年金財源の確保のため消費税を上げる。消費税が15%程度になるのは先進国として仕方ない。
  
 2.国保負担金の最高額を今の10倍、年額にして500万円にする一方、国民年金満額以下の収入しかない人からは免除。

 3.年額500万円も国保料を払ってくれる人にはもれなく褒章を授け、総理大臣自ら謝意を表する。

 さらに、10年以上最高額を支払ってくれた人には勲章なり園遊会招待なりのごほうびをあげる。

 単に政府高官を務めただけの連中にお手盛り叙勲することなど即刻廃止すべし。毎年500万円も他人の健康のためにお金を負担してくれた人こそ天皇から勲章をいただくだけの値打ちがあると思います。

本誌:2008年6.2号 14ページ

PAGETOP