WEB VISION OKAYAMA

連載記事

ルネスホール

 今年9月、岡山市の旧日銀ビルを改装してオープンした「ルネスホール」の評判は上々のようです。日本銀行岡山支店時代には、壮麗な外観を電車から眺める以外さして縁のなかった建物が、銀行の役割を終えた後、本当の意味で市民のものになりました。

 昨夜、「フルート奏者高橋真知子とヨーロッパの仲間たち」というコンサートを聞きに行きました。中学校時代のクラスメートの女性からご亭主の代わりにとご相伴を賜わったのです。

 あまり広くないホールは、室内楽の演奏にぴったりで、音響の良さに感激。フルートの息継ぎの音まで聞こえてきます。モーツァルトやベートーベンの室内楽に混じって、アレクシス・エウピエールという男性舞踏家によるコンテンポラリーダンスも小ホールならではの迫力。タコのように柔軟に体をくねらす踊りに何ともいえないおかしさが。

 ふと中庭に面した窓を見ると、まだ枯葉を残したままのケヤキがライトアップされているのが目に入り、何時の間にかヨーロッパに時空移動してしまったような気分になりました。

 コンサートの後、クラスメートとオランダ通りにある和風エスニック料理屋でミニミニ・クラス会を開きました。中学校を卒業してはや40何年というのに、酔う程に目の前の女性が15歳の同級生なのか、あと2,3年で還暦を迎える人なのか分からなくなってしまう・・

 素晴らしいホール、いい音楽、うまいビールと、料理のなせるマジックです。

本誌:2005年12.19号 14ページ

PAGETOP