WEB VISION OKAYAMA

連載記事

鉄道旅行

 タレントの関口知宏がひたすらJRの列車を乗り継いで日本全国を回るNHKの番組があります。JRの旅客営業路線は2万キロ弱、その大半は超ローカル路線で、関口知宏は楽しそうに、また快適そうに地元の人々と交流し、沿線風景をスケッチしています。

 しかしながら、編集された番組では効率よく列車を乗り継いでいるように見えるローカル線の実態はというと、2,3時間待ちはザラ、へたをすると朝夕1本という列車をひたすら待ち続ける旅だったのではないでしょうか。

 深まりゆく秋、私も旅心を動かされ、義経ゆかりの奥州平泉・中尊寺に出かけることにしました。岡山から仙台まで飛行機で1時間ちょっと、仙台から一ノ関まで新幹線で30分、さらに東北本線にも10分ほど乗って平泉に到着するはず。

 ところが実際に時刻表に照らし合わせてスケジュールをたてると仙台に午後到着する飛行機では、その日のうちに中尊寺を拝観することは無理なのです。新幹線、東北本線とも1時間に1,2本しかなく、列車待ちのロスが多い。

 鉄道幹線沿いにある観光地、しかも今NHK大河ドラマ、義経ブームに沸く東北観光のメッカを訪れるのでさえJRはかなり不便。
関口知宏のJR全線走破というのは愚かしくも偉大な旅だったに違いありません。

本誌:2005年11.28号 12ページ

PAGETOP