記事検索 ■カテゴリ ■フリーワード入力欄

業界大予測

[警備]岡山県警備業協会会長 中居正志氏

機械警備の需要増 料金適正化努める

 2017年は道路などインフラ関連工事が多く、交通・雑踏警備が好調に推移。国土交通省からの通達により一部警備料金の適正化も進んだ。機械警備も、防犯カメラや出入管理の電子錠などの販売が伸びた。一方で、常駐警備業務は価格競争で苦しい状況となった。

<<続きはログインしてから閲覧ください>>
本誌: 2018年1.1号 49ページ
 
 
戻る
 
  • 企業年報
  • ebooks
  • WebVision