WEB VISION OKAYAMA

連載記事河村まどか マナー講座

素敵な冬に向けて:コートのマナー

 コートを着用する季節になります。もしや、貴方様のコートは周囲の方々よりはるかに良い生地のコートの日もおありのことでしょう。しかし、コートのお値段で、振る舞いのマナーが変化するわけではございません(ここでのお値段によりマナーが異なるわけではない、との言い方は洋服のTPOのマナーのお話しではなく、振る舞いのマナーについてのお伝えです)。

 コートをお召になってのお出掛けの場合、貴方様はどのタイミングでコートをお脱ぎになっていらっしゃいますか?日々の生活において、貴方様は、どのタイミングでコートを脱ぐべきなのか、マナーについての知識をもとに行動なさっていらっしゃいますか? 

 お宅への訪問の場合は、玄関をお入りになる前にコートをお脱ぎください。この度は、日本のお宅を訪ねる場合でのお伝えです。日本のマナーでは、コートを着たままお相手とお話しをするのは、失礼に当たると言われております。和のマナー以外でのマナーでは、コートを脱いで訪ねると、家の中に上がり込むつもりでコートを脱いでいるのは失礼なので、家の中に上がる許可を家の人が出してから脱ぐのがマナーであるとの考え方もあります。どちらのマナーを優先すべきかは、経験豊富な貴方様へお任せ致します。

 個室ではなく、フロアーでのお食事、洋食のレストランを想像して頂けたらと思います。その場合も、お席に辿りつくよりもかなり前にコートを脱ぐタイミングを探して下さい。例えば、お店の入り口を入ってのエントランス辺りが考えられます。以前、紳士的なコートの脱ぎ方と着方のマナーについての写真をご紹介したことがありますが、今年もご要望がございましたら、今後お届けしたいと思います。

 ビルの中に多数のオフィスがあり、その一角をお訪ねになる場合は、ビルのエントランスにてコートをお脱ぎになり、エレベーターにお乗りください。エレベーターをお降りになってから、オフィスの受付が見えている状態ではなく、オフィスの玄関の前にてコートを脱ぐ余裕があることを十分に把握なさっている場合は、エレベーターを、お降りになってからでも差支えはありません。

 しかし、お顔の広い貴方様は、要件のあるオフィスの玄関の前でばったり、お知り合いに遭遇なさる確率は高いかと思われます。貴方様へは、風格のある余裕の表情でお振る舞い頂きたいと思いますので、やはり早めにお脱ぎになることをお奨めいたします。

 控えめなお伝えの仕方を致しましたが、貴方様だから許されるとの甘えは禁物!基本のマナーは、大人としてしっかり把握して行動なさい。と、貴方様へ指摘をすることはどなたも叶わないならば、わたくしがはっきりとお伝えすべきですね。お食事時のお店やクロークに、コートをお預けになる時に、コートを裏表になさるのは、貴方様のお役目ではありません。コートは表向きのままお預けなることをお奨めいたします。しかし、個人的にお宅を訪問なさった時に、お宅の中にコートを持ったままお入りになる場合は、コートを裏表にすることはあり得ます(この度は、説明は省きます)。カジュアルなコートの場合も、フォーマルなコートの場合も共通してお考えいただければと思います。

 貴方様におかれましては、上記の内容に付け加え、女性とご一緒なさる場合は、女性へのコートの気遣いも必要となってまいります。気候の変化とともに、澄み切った夜空が一段を素敵な季節となってまいります。貴方様の大人のマナーのたしなみが、一段と輝く季節でもあります。今年も素敵な冬をお迎えになられますように。

本誌:2018年11月19日号 23ページ

PAGETOP