WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[知的財産]

商標同士の類否判断

 Q 当社は、商標「ブラウンムーン」を付けた上着を製造販売しています。先日、商標「Brown Moon」を登録している者から、両商標が類似するとの警告書が届きました。片仮名とアルファベットとの違いがあるのに…。

 A 商標登録により得られる商標権は、登録した商標と同一又は類似の商標を、登録した分野(指定商品、指定役務)と同一又は類似の分野に使用する行為を独占できる権利です。このため商標同士が類似するか否か(類否) の判断は、独占できる範囲の境界を決めるので、とても重要です。

 両商標の類否判断は、両商標の外観、称呼又は観念等によって需要者に与える印象、記憶、連想等を総合して全体的に観察し、一方の商標を、登録した分野に使用した場合に他方の商標を使用したものと出所混同のおそれがあるか否かにより判断します。この判断は、登録した分野の主たる需要者層を基準とし、両商標を時と場所を異にして観察(例えば、一方の商標が付された商品を見た後、異なる場所で他方の商標が付された商品を見る。)し判断します。

 外観とは、視覚を通じて認識する形(図形としてどうか)を言います。貴社商標は、片仮名で書かれた「ブラウンムーン」であり、相手方商標は、アルファベットで書かれた「Brown Moon」です。

 称呼とは、読みを言います。貴社商標と相手方商標とのいずれも「ブラウンムーン」の称呼を生じます。

 観念とは、意味を言います。貴社商標と相手方商標とのいずれも「茶色の月」の観念を生じます。

 このように貴社商標と相手方商標とは外観は異なるものの、両商標とも称呼「ブラウンムーン」及び観念「茶色の月」を生じますので、例えば、商標「Brown Moon」が付された上着をある店で見た者が、その後、別の店で商標「ブラウンムーン」が付された上着を見ると、同じ者が両上着を製造販売していると間違う(出所混同)おそれがあるため、両商標は類似していると判断される可能性があると考えられます(これにより、貴社は、貴社商標の使用中止等を求められる可能性があります。)。

 このように商標同士の類否判断は、極めて重要なものですが、外観、称呼、観念等に基づき総合的になされるべきものですので、難しいこともあります。

PAGETOP