WEB VISION OKAYAMA

特集租税教育

県下初の寄附講座準備 19年4月から商大で

 中国税理士会は、税理士が租税制度について講義する「寄附講座」の岡山商科大学開催に向け準備している。2019年4月からの開始を目指す。

 租税の意義や、役割、機能、仕組みなど租税制度や申告納税制度、税理士の活動内容などについて半年間のカリキュラムで行い、単位も得られる内容。社会の構成員として正しい判断と健全な納税者意識の育成を目指す。

 12年9月の広島修道大学を皮切りに安田女子大学、県立広島大学で毎年実施しており、岡山県下への開設は初。

 同講座以外にも、小学校から大学までの教室で授業を行う「租税教室」の実施や、授業を行う講師を養成するための専門研修を毎年行うなど、幅広い租税教育事業で社会貢献に取り組んでいる。

本誌:2018年2.19号 18ページ

PAGETOP