WEB VISION OKAYAMA

特集[税理士記念日特集] チャリティー募金

児童福祉施設へ17万円 広島土砂災害時にも

  • 募金を手渡す田中支部長(左)と江原支部長

 中国税理士会岡山東支部(田中一宏支部長)と岡山西支部(江原良一支部長)は、2月5日、支部会員からのチャリティー募金17万854円を社会福祉法人山陽新聞社会事業団に寄託した。

 税理士記念日事業の一環で、地域貢献として1998年から毎年実施。児童福祉への活用を目的に昨年12月から両支部所属の400税理士、30税理士法人を対象に募集した。同事業団は、県内の児童福祉施設に配分する意向。

 また、両支部は昨年9月、広島土砂災害の復興義援金として20万円を同事業団に寄託。「今後も継続し、広く社会に貢献したい」としている。

本誌:2015年2.16号 17ページ

PAGETOP